シンニチ保険WEB

日本生命、大澤常務執行役員がネットゼロ・アセットオーナー・アライアンスのSteeringGroupメンバーに就任

日本生命の大澤晶子取締役常務執行役員が、5月17日に、気候変動に関する国際的なイニシアティブである「ネットゼロ・アセットオーナー・アライアンス(以下「NZAOA」)」の代表者グループであるSteering Groupのメンバーに就任した※1。
NZAOAは、2050年までの資産運用ポートフォリオの温室効果ガス(以下「GHG」)排出量のネットゼロにコミットし、実現に向けた取り組みを行っていくアセットオーナーのアライアンスである。
現在、国内外の保険会社・年金基金等72の機関がNZAOAに加盟し、加盟機関の運用資産総額は10兆米ドル(約1,300兆円)を超えており、同社も2021年10月に加盟した。
なお、SteeringGroupメンバーへの就任は日本の加盟機関で初めてとなる。
同社は、国内外の投資家とも協働し、国際社会で議論されている気候変動に関する科学的分析や計測手法等について最新の情報を獲得しながら、資産運用ポートフォリオにおけるGHG排出量の2050年ネットゼロに向けた取り組みを進めている。
NZAOAのSteering Groupへの参加を通じて、世界的な取り組みが求められる気候変動への対応に一層貢献していくとともに、持続可能な社会の実現と運用収益向上の両立を目指していく。
※1:任期(2022年5月17日~2023年12月31日)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、ニッセイ国内株式クライメート・トランジション戦略ファンドへ投資

生保

日本生命、10月から契約貸付利率等を改定

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2022」公演開始

生保

日本生命、「ロジクロス相模原」着工

生保

日本生命、東京大学とのメンタルヘルスに関する共同研究を開始

生保

日本生命など4社が2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)の決算を発表

生保

日本生命、九州電力が発行するトランジション・ボンドに投資

生保

日本生命、円建劣後ローンによる調達を実施

生保

日本生命、「習い事とリスキリング」に関するアンケートを実施