シンニチ保険WEB

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命、2022年3月末市場整合的エンベディッド・バリューを開示

T&Dホールディングス、太陽生命、大同生命、T&Dフィナンシャル生命は、「The European Insurance CFO ForumMarket Consistent Embedded Value Principles(C)(以下、MCEV原則)」に従って2022年3月末におけるT&D保険グループの市場整合的エンベディッド・バリュー(以下、MCEV)を計算した。
2022年3月末MCEVは、以下のとおりである。
(億円)
MCEV      32,520(2021年3月末)  34,146(2022年3月末) 1,625(増減)
・修正純資産  22,8280(2021年3月末) 19,310(2022年3月末) ▲3,518(増減)
・保有契約価値 9,692(2021年3月末)  14,835(2022年3月末) 5,143(増減)
新契約価値   1,434(2021年3月末)  1,669(2022年3月末) 235(増減)
GroupMCEV   33,776(2021年3月末)  35,085(2022年3月末) 1,309(増減)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

太陽生命、佐賀銀行を通じ、『感染症プラス入院一時金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、『みんなにやさしい終身保険』の円貨コースが進化

生保

T&Dフィナンシャル生命、愛知銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都銀行にて変額終身保険(災害加算・I型)の販売を開始

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

大同生命、東大安田講堂で特別講演会「働く世代のがんの早期発見と治療」を開催

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資