シンニチ保険WEB

ライフネット生命、デジタルこども手帳「てくてく」の普及を推進

ライフネット生命は、ソフトバンク株式会社のグループ会社であるヘルスケアテクノロジーズ株式会社(以下「ヘルスケアテクノロジーズ」)が2022年5月下旬より提供開始する、妊娠や出産、胎児・子どもの成長、子育てなどの記録をつけられるデジタルこども手帳「てくてく」のオフィシャルパートナーとして、デジタルこども手帳の普及を推進する。
■オフィシャルパートナーとして参画の背景
近年、社会課題の解決や新たな価値の創出を目的に、さまざまな領域でデジタルトランスフォーメーション(DX)が進められている。従来は主に紙の資料を活用していた行政サービスの手続きや自治体業務においても、DXによる効率化や利便性の向上が求められており、子育ての分野においては、厚生労働省が母子健康手帳の電子化や予防接種記録のデジタル化などを推進している。
このような背景を踏まえて、この度ヘルスケアテクノロジーズ社が提供開始するデジタルこども手帳「てくてく」は、スマートフォン向けウェブサービスとして、子どもの日々の成長をスマホで手軽に記録・管理することに加え、子どもの発達状況に気になる点がある場合には、自治体が設置する専用窓口などへの相談を促す機能などが追加される予定である。また、自治体向けには子育て支援のデジタル化をサポートするサービスなどを提供することで、自治体業務のDX化への貢献も目指している。今後、ソフトバンク社より、「LINE」の法人向けサービスを利用中の自治体を対象に「てくてく」の導入支援が行われ、導入された自治体においては自治体のLINE公式アカウントから「てくてく」へアクセスすることが可能となる。
このようなデジタルこども手帳「てくてく」が目指す子育て支援の方向性は、「若い世代の保険料を半分にして、子育て世代が安心して赤ちゃんを産み育てられる世の中にしたい」というライフネット生命の創業時の思いと合致しているものと考え、同社はこの度、「てくてく」のオフィシャルパートナーとして、同サービスの普及を推進する。
■本サービスの運用体制
「てくてく」の開発・運営・提供  ヘルスケアテクノロジーズ株式会社
「てくてく」の企画協力、自治体への導入支援  ソフトバンク株式会社
「てくてく」の普及推進、「妊娠・子育てコラム」のコンテンツ提供  ライフネット生命保険株式会社

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、金融機関として初めて兵庫高校でSTEAM教育の出前授業

損保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2023」について、劇団四季を迎え新たな演目の取組みを実施

生損

SBI損保、チューリッヒ保険、ライフネット生命、FintechスタートアップIBと保険契約管理プラットフォーム共同プロジェクトを開始

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付