シンニチ保険WEB

T&Dホールディングス、「年に1度の睡眠診断運動」本格導入に向け1回目のテスト運用を実施

T&Dホールディングスが幹事を務める「年に1度の睡眠診断運動」(以下「本運動」)が本格導入に向けテスト運用を行い、その結果を公表した。
本運動は、生活様式や働き方の変化により一層重要性が増している社員の健康管理、健康経営をサポートするために2021年10月より開始しており、今回は本運動に関わる複数の企業や団体の協力のもと、第1回目となるテスト運用を行ったものである。
その結果、今回のテスト運用に参加したことで、・半数以上(54.7%)の人たちが睡眠に対する意識が変わったと回答・“睡眠時間を意識した行動”に取り組むようになった人が増加など、本運動に「普段あまり気にすることのない“自分の睡眠”を改めて意識する」「何らかの改善行動を自発的に始める」などの効果があることがわかった。また、コロナ前後で睡眠の長さや起床時間などに変化があったこともわかった。
同社は、本運動の趣旨・目的である「一人ひとりが自分の睡眠を意識する機会を増やし、多くの企業・団体にとって共通の課題である健康経営を後押しすることで活気ある社会の実現に貢献する」に賛同し、これからも幹事企業として本運動を広め、日本中の人々の健康で快適な生活と、企業の健康経営を応援、サポートしていく。

関連記事(保険業界ニュース)

共済

こくみん共済coop〈全労済〉、「2022年こくみん共済coop地域貢献助成」を募集

生保

T&Dホールディングス、海外関連会社における評価性損失等の計上

損保協会・団体

損保協会、軽消防自動車、高規格救急自動車を全国に19台を寄贈

生保

フコクしんらい生命、会津信用金庫と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

生保

富国生命、「すまいる・ぎゃらりー」を開催

生保

明治安田生命、「愛と平和のチャリティーコンサート2022」および三枝 成彰氏による音楽授業「未来を奏でる教室」を開催

生保

富国生命、富山信用金庫との贈呈式を実施

損保

SOMPO環境財団、2022年度環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」助成先の決定

損保

大同火災、第104回全国高校野球選手権大会出場校への寄付金贈呈

生保

大同生命、アジア・アフリカの子どもたちに約26万食分の学校給食を寄付