シンニチ保険WEB

住友生命、住友共同電力株式会社向けのシンジケートローン「トランジション・ローン」に参加

住友生命は、住友共同電力株式会社(以下「住友共同電力」)向けのシンジケートローン「トランジション・ローン」(以下「本件」)に参加した。本件は、経済産業省が策定した「経済産業分野におけるトランジション・ファイナンス推進のためのロードマップ」を活用した国内初のローン案件である他、トランジション・ファイナンスモデル事業において国内化学分野で初めてのモデル事例に選定されている。
トランジション・ファイナンスとは、脱炭素社会の実現に向けて長期的な戦略に則り、着実なGHG(温室効果ガス)削減の取組みを行う企業に対し、その取組みを支援することを目的としたファイナンス手法である。本件により調達した資金は、住友化学株式会社・愛媛工場構内にて、住友共同電力が新設するLNG発電施設などに充当される。石炭・重油からLNGへの段階的なエネルギー転換を促進し、1年間に愛媛工場から排出されるCO2の約13%に相当する約65万トンを削減する計画である。
【本件の概要】
借入人  住友共同電力株式会社
アレンジャー/ストラクチャリング・エージェント  株式会社三井住友銀行
実行日  2022年3月31日
組成金額  80億円(うち住友生命5億円)
貸付人  国内金融機関12社
住友生命は、「なくてはならない」生命保険会社の実現を目指し、事業活動を通じたSDGsの達成に向けて取組みを進めている。
今後も、責任投資を通じ、持続可能な社会の実現に貢献していくとともに、運用収益の向上に取り組んでいく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

明治安田生命、アジア開発銀行が発行する「エデュケーション・ボンド」に投資

損保

損保ジャパン、世界銀行が発行する「サステナブル・ディベロップメント・ボンド」に投資

生保

大同生命、コートジボワール政府向けの投資を実施

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

住友生命、野村アセットマネジメントが運用する「グローバル・サステナブル・エクイティ・オープン投信」へ投資

生保

明治安田生命、欧州投資銀行が発行する「サステナビリティ・アウェアネス・ボンド」に100億円投資

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

生保

住友生命、“「Vitality」”パートナー企業に「イオン九州」が加入

損保

セゾン自動車火災、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資