シンニチ保険WEB

太陽生命、日本認知症官民協議会が主催する「認知症バリアフリー宣言試行事業」へ参加

太陽生命は、日本認知症官民協議会(*1)が主催する「認知症バリアフリー宣言試行事業」に参加することを決定した。
2025年には、65歳以上の約5人に1人が認知症になると推計される(*2)など、認知症は誰もがなりうるものであり、多くの人にとって身近なものになっている。
「認知症バリアフリー宣言」は、認知症バリアフリーの推進による「地域共生社会」の実現に向け、適切な取組みを行おうとしている企業等の活動を支援するとともに、認知症バリアフリーを志向する企業等を「見える化」することで、認知症を患った方やその家族の方々にとって、安心して利用できる環境を提供することを目的としている。
同社は、2014年から「シニアのお客様に最もやさしい保険会社になる」ことを目指し、「ベストシニアサービス」をスタートさせ、2016年3月に生命保険業界初(*3)となる認知症による所定の状態を保障する「ひまわり認知症治療保険」を発売し、2016年10月には、国内初(*4)の「認知症予防アプリ」(2021年3月より「太陽生命の健康増進アプリ」)の提供を開始するなど、「認知症」に関する様々な取組みを業界に先駆けて推進してきた。
今回、新たに認知症バリアフリー宣言試行事業に参加することで、同社の事業活動を通じ、認知症をはじめとした社会的課題の解決に貢献する取組みを進めていく。
◇認知症バリアフリー宣言内容(一部抜粋)
1.人材育成
・認知症サポーターの養成
・ユニバーサルマナー検定の取得
2.地域連携
・「太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード」の実施
3.社内制度
・MCIスクリーニング検査の制度化
4.環境整備
・お客様対応ハンドブックの整備
・認知症サポーターの配置

関連記事(保険業界ニュース)

生保

クレディ・アグリコル生命、「お客さま本位の業務運営に関する方針」に基づく成果指標(KPI)を更新

生保

朝日生命、「お客様本位の業務運営に関する基本方針」に基づく取組結果等を公表

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

太陽生命、流山営業所を開設

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

生保

太陽生命少子高齢社会研究所、株式会社MCBIとの共同研究で、「歩行・思考・会話」する長期の活動が認知症リスクの低下につながる可能性を確認