新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、資産運用ポートフォリオにおける温室効果ガス排出量削減の2030年中間目標の設定と具体取り組みを発表

日本生命は、今般、資産運用における気候変動対応に対する取り組みを一層推進していく観点から、資産運用ポートフォリオにおける温室効果ガス(以下「GHG」)排出量削減について2030年中間目標を設定した。グローバルに投資を行う機関投資家として、世界的に重視されている指標を参照のうえ、2つの目標を設定し、世界的な重要課題である気候変動問題への対応に貢献していく。
・総排出量:着実に全体の排出量を減らしていくために重要な指標
世界各国の科学者で構成される政府間パネルIPCC(Intergovernmental Panel on ClimateChange)の目標水準を参照し設定
・インテンシティ:資産残高の増減に左右されず、同社の実質的な削減取り組みを示す指標
機関投資家の脱炭素取り組みで国際的に重要な役割を担う「ネットゼロ・アセットオーナー・アライアンス(以下「NZAOA」)」の目標水準を参照し設定
・対象資産:GHG排出量に係るデータの取得可否、計測手法の確立状況等を踏まえた設定
同社の資産運用ポートフォリオのグローバルな分散投資状況を踏まえ、従来の国内上場株式・社債から拡大
また、排出量削減に向けた具体取り組みとして、従前のとおり、さまざまなESG投融資手法をバランスよく活用することを基本としつつ、今般、GHG排出量の計測手法を開発する国際的なイニシアティブである「Partnership for Carbon AccountingFinancials(以下「PCAF」)」へ加盟したほか、投融資の面でも、脱炭素ファイナンス枠(5,000億円)を設定し、社会全体や企業ごとのトランジションやイノベーションといった脱炭素取り組みを後押ししていく。
<具体取り組み>
1.PCAFへの加盟
2.脱炭素ファイナンス枠の設定
今般、同ファイナンス枠を活用し、脱炭素ファンドオブファンズ(約200億円)、脱炭素ベンチャー投資ファンド(約100億円)、再エネファンドオブファンズ(約300億円)への投資を決定した。
今後とも、広く環境・社会問題の解決に貢献し、持続可能な社会の実現と運用収益向上の両立を目指していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、よい仕事おこしフェア実行委員会との地域社会の発展に寄与するための「包括的連携に関する協定」を締結

生保

日本生命、ニッセイサステナプロジェクト「にっせーのせ!」スタート

生保

日本生命、東北大学×仙台放送×仙台市「眼からはじめるやさしい街づくり」連携協定を締結

生保

日本生命、Jack Bunny!! Junior Golf  Tour2024に協賛~参加者に熱中症・インフルエンザ保障保険を提供

生保

日本生命、木造営業拠点「群馬富岡オフィス」を新築

生保

日本生命、「母の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、緑豊かなオープンスペースやグリーン電力の導入など環境にも貢献するZEB高層オフィスビル「赤坂グリーンクロス」を竣工

生保

日本生命、「こどもの日」について、ニッセイインターネットアンケートを実施

生保

日本生命、2024年度入社式開く~新入職員745名が参加

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

関連商品