シンニチ保険WEB

三井住友海上あいおい生命、入院給付金における「みなし陽性」「自主療養」への対応を発表

三井住友海上あいおい生命は、2022年1月24日の厚生労働省事務連絡「新型コロナウイルス感染症の感染急拡大時の外来診療の対応について」を受けて、入院給付金における「みなし陽性」「自主療養」について、下記の取り扱いを実施する。
●みなし陽性
・医療機関等におけるPCR検査を行わず、医師等の診断により感染者と診断されること
◎入院給付金の支払い対象となる。医療機関等のPCR検査の有無にかかわらず、医師等の診断により「新型コロナ」罹患が確認された場合には、「宿泊療養・自宅療養」による疾病入院給付金の支払い対象とする。
●自主療養
・神奈川県で実施されている制度。重症化リスクの低い人で、抗原定性検査キット等により陽性が判明した人を対象に、神奈川県独自の「自主療養届出システム」を活用して、医療機関を受診せずに療養を行うこと。
◎入院給付金の支払い対象となる。神奈川県で実施されている「自主療養」制度について、療養している感染者に対しても、療養終了後、県より「療養証明書(自主療養専用)」※が発行された場合、「入院」とみなし、所定の療養期間に対して、疾病入院給付金を支払う。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

三井住友海上あいおい生命、JICAが発行するピースビルディングボンド(平和構築債)へ投資

生保

三井住友海上あいおい生命、三井住友海上プライマリー生命、米国FDAの医療機器承認技術を応用したAI認知機能測定「OptiMind」の実証実験を開始

生保

三井住友海上あいおい生命、2021年度 サステナビリティ取組における社会貢献活動

生保

三井住友海上あいおい生命、LINE公式アカウントを開設

生保

三井住友海上あいおい生命、「お客さま第一の業務運営に関する方針」に基づく取組状況を公開

生保

三井住友海上あいおい生命、2021年度末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューの開示

生保

三井住友海上あいおい生命、2021年度決算を発表

生保協会・団体

生保協会、新型コロナウイルス感染症を巡る生命保険業界の取組み報告書を作成・公表

生保

住友生命、山形県山形市においてVitalityを活用した事業を開始

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が、20万件を突破