新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、先進医療特約の保険料と前納保険料を4月から改定

かんぽ生命は、次のとおり、2022年4月から先進医療特約の保険料及び前納保険料を改定する。
●先進医療特約の保険料の改定
(1) 改定概要
2022年4月2日より無配当先進医療特約(無解約返戻金型)の保険料を改定する。
(2) 月払保険料の例
保険期間を10年とした先進医療特約の月払保険料(口座払込み)の例は次のとおり。
・被保険者:男性
加入年齢20歳:改定前69円→改定後62円(増減額▲7円)
加入年齢30歳:改定前73円→改定後63円(増減額▲10円)
加入年齢40歳:改定前85円→改定後66円(増減額▲19円)
加入年齢50歳:改定前111円→改定後74円(増減額▲37円)
加入年齢60歳:改定前169円→改定後99円(増減額▲70円)
加入年齢60歳:改定前285円→改定後118円(増減額▲167円)
・被保険者:女性
加入年齢20歳:改定前76円→改定後63円(増減額▲7円)
加入年齢30歳:改定前82円→改定後66円(増減額▲16円)
加入年齢40歳:改定前88円→改定後68円(増減額▲20円)
加入年齢50歳:改定前116円→改定後73円(増減額▲43円)
加入年齢60歳:改定前176円→改定後83円(増減額▲93円)
加入年齢60歳:改定前293円→改定後91円(増減額▲202円)
(3) 改定日
 契約日または更新日が2022年4月2日以降となる契約から改定する。
●前納保険料の改定
(1) 改定概要
2007年10月1日以降加入の保険契約について、2022年4月1日以降に適用する前納払込保険料を改定する。
また、かんぽ生命が管理業務を受託している簡易生命保険契約についても改定する。
なお、前納払込保険料は、金利水準、金融情勢の変化及びその他の事情により決定する。金利水準等が変動した場合は、変更することがある。
(2) 前納払込保険料の例
基本契約の月払保険料(口座払込み)を10,000円とした場合の前納払込保険料の例は次のとおり。
前納払込保険料の例
前払払込年月数
3月分~5年分:改定なし
10年分:改定前1,188,100円→改定後1,188,001円(増減率▲0.01%)
15年分:改定前1,777,843円→改定後1,775,368円(増減率▲0.14%)
20年分:改定前2,355,607円→改定後2,345,509円(増減率▲0.43%)
30年分:改定前3,483,910円→改定後3,445,498円(増減率▲1.10%)
(3) 改定日
2022年4月1日以降に保険料の前納払込みをする場合の前納払込保険料について改定する。ただし、2022年3月31日までに新規契約を申込みし、申込時に指定した払込年月数どおりに、第1回保険料を含む保険料の前納払込みをする場合は、払込時期が4月1日以降であっても改定前の前納払込保険料を適用する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命、「JPビジョン2025+(プラス)」を策定

生保

かんぽ生命、中期経営計画(2021年度~2025年度)見直しを策定

生保

かんぽ生命、2024年3月期決算を発表

生保

かんぽ生命、大和証券グループの資産運用分野における資本業務提携を締結

生保

日本郵政グループとアフラック、「資本関係に基づく戦略提携」における持分法適用と提携関係が発展

生保

はなさく生命、「はなさく定期」の保険料率を改定

生保

かんぽ生命、対面営業AIアプリの試行を開始~スタートアップ企業のイノベーション創出力を活かした取組み

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

明治安田生命、団体年金保険(一般勘定)の予定利率を引き下げる一方で利率上乗せ特則を導入し3年間は実質利率アップへ

生保

かんぽ生命、一般社団法人日本車いすテニス協会のトップパートナー継続

関連商品