新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

かんぽ生命、投資ポートフォリオにおける温室効果ガス排出量削減目標を設定

かんぽ生命は、投資ポートフォリオにおける温室効果ガス(以下、GHG)削減目標を設定した。
具体的には、機関投資家として、投資ポートフォリオにおけるGHG排出量に関し、2050年にカーボンニュートラルを目指すとともに、2029年度(2030年3月末)までの中間目標として50%削減(2020年度対比)を設定した。
※投資ポートフォリオにおける温室効果ガス排出量削減目標とは別に、生命保険事業者としての自社によるGHG排出目標を、2030年度までに46%減(2019年度対比)と掲げ、削減に取り組んでいる。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

損保

日本地震再保険、SDGs債に投資

損保

セゾン自動車火災、10月に本社オフィスを移転

損保

損保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

生保各社、お客様本位の業務運営に関する2023年度取組状況を公表

生保

かんぽ生命、インパクト投資ファンド「インパクト・キャピタル1号投資事業有限責任組合」に出資

損保

富国生命、名古屋シミズ富国生命ビルが竣工・開業

生保

かんぽ生命、2024年3月末ヨーロピアン・エンベディッド・バリューを開示

損保

SOMPOホールディングス、中期経営計画(2024年度~2026年度)を策定

生保

日本郵政グループ、各社のサービスを1つのIDで~「ゆうID」で新たなお客さま体験を~

関連商品