シンニチ保険WEB

第一生命、第一生命と九州大学が組織対応型連携契約を締結

第一生命と国立大学法人九州大学(以下「九州大学」)は、多様な幸福(以下、「Well-being」)の追求による社会課題の解決を目的に、組織対応型連携契約(以下、「本契約」)を2022年2月15日(火)に締結した。
本契約の締結により、まずは以下のテーマに着手する予定である。
(1)Well-beingの追求による社会課題解決を中心とした共同研究(2)互いのリソース(研究・人・設備等)を活かした新たな共生モデルの構築また、主な取組事項として以下の事項に取り組む。
・企業活動とwell-beingとの関係性や企業活動によるwell-beingへの貢献の可視化に関する研究
・ベンチャーの育成及び産業振興
・社会課題の解決に向けた人財育成
九州大学は、指定国立大学として「総合知で社会変革を牽引する大学」を目指し、「脱炭素」、「健康・医療」及び「環境・食料」における課題の解決や、デジタルトランスフォーメーションによる教育・研究・医療の高度化を大きな柱に、教育、研究、社会との連携、国際協働の取組展開を行っている。
また、調査研究や空間統計学の手法を用いて、世界で初めて土地利用の状況がWell-beingに関わることを証明するなど、これまで研究活動を通じてWell-beingの取組を行っている。
第一生命は、第一生命グループビジョンとしてProtect and improve the well-beingofall(すべての人々の幸せを守り、高める)を掲げ、保険領域にとどまらない価値提供を通じて、持続的社会の実現に貢献していくことを目指しており、全国の支社組織・営業オフィスにおいても、多くの自治体との連携協定のもと、地域課題解決に向けた取組を行っている。
九州大学と第一生命は、持続可能な社会づくりに向けて連携協力を推し進め、社会課題の解決に貢献できるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、内幸町一丁目街区南地区第一種市街地再開発事業の施行認可が決定

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品を第一スマート少額短期保険より提供開始

生保

第一生命、大阪大学大学院国際公共政策研究科と連携協定を締結

生保

第一生命、クリーンエナジーコネクトへ投資

生保

第一生命、企業年金新商品「特別勘定 総合口戦略的資産配分型」を発売

生保

第一生命、Ubie社へ5億円投資

生保

第一生命、団体保険新商品あんしんマイパッケージを発売

生保

第一生命、【インパクト投資】READYFOR株式会社に投資

生保

第一生命、JR「関内」駅前に「横浜市旧市庁舎街区活用事業」を着工

生保

第一生命、株式会社シナモンに投資