シンニチ保険WEB

大樹生命、「第48回苗木プレゼント」の配布結果を発表

大樹生命は、1974年以降継続して実施している「苗木プレゼント」において、48回目を迎えた今回は、合計53,190本の苗木を届けた。
同社は、「こわさないでください。自然。愛。いのち。」というテーマのもと、“緑・自然を守り、親から子へと美しい緑の街を伝えたい”という願いを込めて、40年以上にわたって「苗木プレゼント」を継続している。全国各地の企業、学校・幼稚園などの団体や一般家庭のお客さまに申込みがあり、同社営業職員を通じて苗木を届けた苗木の累計本数は、526万本となった。
同社では今後も、社会の一員として豊かな社会の実現につながるよう、社員一人ひとりができることを考えながら、地域に根ざした社会貢献・環境保護活動に努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD生命、全国学童野球振興協会【ポップアスリートカップ】への保険カテゴリーでの独占スポンサード契約を締結

生保

メットライフ生命、地域に特化したごみ拾い活動を東京・長崎で実施予定

協会・団体生保

生保協会、保育所・放課後児童クラブを対象とした助成活動を実施

生損共済

日本生協連、全国の生協が気候変動対策の取り組みを加速

生保

ライフネット生命、デジタルこども手帳「てくてく」の普及を推進

生保

SOMPOひまわり生命、山形県上山市へ健康機器を贈呈

損保

アニコムホールディングス、【ウクライナのペット救援募金】1万人からの愛のある支援5,600万円をIFAWに寄付

損保協会・団体

SOMPO環境財団、環境分野の博士号取得支援「学術研究助成」対象者を募集

生保

大樹生命、「大樹ファミリーセカンドオピニオンサービス」を開始

損保

MS&ADホールディングス、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、ロシア・ウクライナ情勢を踏まえた対応を発表