シンニチ保険WEB

住友生命、茨城県鹿嶋市・PREVENTとの三者間包括連携協定を締結

住友生命は、医療データ解析、生活習慣病の重症化予防支援事業等を展開する株式会社PREVENT(以下「PREVENT」)、茨城県鹿嶋市と、2021年11月10日、鹿嶋市民のウェルビーイングの実現※1を目的とした包括連携協定(以下「本協定」)を締結した。
また、本協定に基づく取組みの第一弾として「一人ひとりの『よりよく生きる』を応援するプログラム(以下「本プログラム」)」の開発に向けた取組みをスタートするほか、鹿嶋市の発展に資する取組みを今後検討していく。
※1 本協定においてウェルビーイングとは、「市民一人ひとりが、自分の心身及び社会的な状況に満足している状態を維持しながら、人生を意欲的に、よりよく生きること」と定義している。
1.本協定締結の背景
鹿嶋市では、次期総合計画を策定するにあたり、「ColorfulStageKASHIMA」を市の将来像として掲げ、人生100年時代において市民一人ひとりが鮮やかに生きる“まち”の実現を目指している。また、地域としての「医師不足」、個人としての「生活習慣病リスクの高まり」を解決すべく、「医療の不足を補完する、市民が自分でコントロールできる健康の実現」に取り組もうとしている。
「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング」に貢献することで「なくてはならない」生命保険会社を目指す住友生命は、鹿嶋市の掲げるビジョンに共感し、一病息災※2を掲げるPREVENTとともに1年半に亘る協議を重ね、鹿嶋市の未来のまちを三者で共創する本協定を締結する運びとなった。取組みの第一弾として、住友生命は健康増進型保険“住友生命「Vitality」”の健康プログラムを、PREVENTは医療データ解析「Myscope」および生活習慣改善支援プログラム「Mystar」を活用し、「一人ひとりの『よりよく生きる』を応援する」新しい官民連携プログラムの開発をスタートする。まずは、2021年度中に鹿嶋市役所職員等を対象にした実証事業を実施し、その結果を踏まえて、鹿嶋市民や市内企業等への展開を検討するほか、全国の自治体への展開も目指す。
※2 病気の一つや二つを抱えながらも、うまく付き合いながら、より健やかな人生を過ごしていくことを表すPREVENTのコーポレートメッセージ。
2.本プログラムの概要
a.実施概要
対象者の健康診断結果・レセプトデータ等をもとに「Myscope」で対象者のリスクを分析し、その結果に応じて、生活習慣改善支援プログラム「Mystar」とVitality健康プログラム(体験版)のいずれかを提供する。
3.住友生命のWaaSについて
住友生命は、「一人ひとりのよりよく生きる=ウェルビーイング」に貢献することで、「なくてはならない」生命保険会社を目指している。その実現のために、Vitality健康プログラムを中心とするWaaS(Well-beingasaService※4)エコシステムを構築し、様々なウェルビーイングサービスでお客さまとつながり、そこから得られる多様なデータを活かして、一人ひとりのお客さまにより適したサービス、最適な保障を届けていきたいと考えている。
今後、パートナー企業と共に、個人のウェルビーイングへの貢献はもとより、医療費増大や少子高齢化等、社会課題の解決に取り組んでいく。
※4 WaaS(Well-beingasaService)とは、ウェルビーイングに資するサービスエコシステムのことである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、令和3年度消費者志向経営優良事例表彰で消費者庁長官表彰を受賞

損保

損保ジャパン、トマト銀行と『SDGsに関する包括連携協定』を締結

損保

アニコム ホールディングスと神戸市、動物愛護推進等の事業に関する事業連携協定書を締結

生保

住友生命、株式会社よりそうとの事業共創をスタート

生保

明治安田生命、宮城県塩竈市との「包括連携協定」を締結

生保

住友生命、AI-OCRを活用した給付金請求手続きのデジタル化を開始

生保

日本生命、新潟県 と「包括的連携協定」を締結

生保

住友生命・高田幸徳社長「2022年社長年頭挨拶」

損保

損保ジャパンとSOMPOリスク、チャールス・テイラー・ジャパンと「洋上風力発電分野に関わる事故事例の調査研究および事故対応」に関する包括連携協定を締結

損保

損保ジャパン、茨城県警と「地域の安全・安心に関する包括連携協定」を締結