シンニチ保険WEB

住友生命、住友生命グループの資産運用態勢の高度化に向けた資産運用のグループ内委託を実施

住友生命は、住友生命グループの中長期的な資産運用収益拡大とグループ全体のシナジー効果発揮を目的として、住友生命の運用資産の一部をグループの投資顧問会社であるSymetra Investment Management Company(Director & Chairman of the Board:Mark Hunt、以下「SIM」)へ運用委託する方針を決定した。当委託の資産規模は、2兆円以上とする予定である。
低金利環境が継続する中、住友生命は「一定の信用リスクをとることにより収益向上が見込める資産」として、米国を中心とする海外クレジット資産への投資を拡大させることにより、長期的・安定的な資産運用利回りの向上を目指している。当委託は、住友生命の海外事業債運用をSIMに運用委託することにより、米国現地での運用を可能とし、また、両社の人財や知見等のリソースの有効活用を通じて資産運用収益の拡大を図るものである。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、株式会社よりそうとの事業共創をスタート

生保

住友生命、AI-OCRを活用した給付金請求手続きのデジタル化を開始

生保

住友生命・高田幸徳社長「2022年社長年頭挨拶」

生保

住友生命、<第32回>2021年の世相を反映した「創作四字熟語」50編を発表

生保損保

住友生命、ヨコハマSDGsデザインセンターの新拠点が「横濱ゲートタワー」にオープン

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、ブルックフィールドが運用するインフラファンドへ投資

生保

住友生命、茨城県鹿嶋市・PREVENTとの三者間包括連携協定を締結

生保

住友生命、プレコンセプションケア領域での企業向けソリューションの共同開発に向けた実証実験スタート

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定