シンニチ保険WEB

住友生命、国際イニシアティブ「Net-Zero Asset Owner Alliance」へ加盟

住友生命は、資産ポートフォリオの温室効果ガス(以下「GHG」)排出量の2050年ネットゼロを目指す国際イニシアティブ「Net-Zero Asset Owner Alliance」(以下「AOA」)に加盟した。
住友生命は、持続可能な社会の実現および中長期の運用収益向上の両立を目指し、責任投資を推進している。特に気候変動を重要かつ喫緊の社会課題として捉えており、4月に2050年GHG排出量ネットゼロを目指すこと等を表明し、6月には資産ポートフォリオの2030年削減目標を設定したうえで、脱炭素社会の実現に向け、積極的に取り組んでいる。
一方で、地球環境の状況はより厳しさを増しており、8月に公表されたIPCC第6次レポートが、地球温暖化が想定以上に加速している状況を示すなど、その緊急性は一層高まっている。
こうした状況を踏まえ、責任ある機関投資家として更に踏み込んだ対応が求められているとの認識のもと、AOAに加盟することとした。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、株式会社よりそうとの事業共創をスタート

生保

住友生命、AI-OCRを活用した給付金請求手続きのデジタル化を開始

生保

住友生命・高田幸徳社長「2022年社長年頭挨拶」

生保

住友生命、<第32回>2021年の世相を反映した「創作四字熟語」50編を発表

生保損保

住友生命、ヨコハマSDGsデザインセンターの新拠点が「横濱ゲートタワー」にオープン

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定

生保

住友生命、ブルックフィールドが運用するインフラファンドへ投資

生保

住友生命、茨城県鹿嶋市・PREVENTとの三者間包括連携協定を締結

生保

住友生命、プレコンセプションケア領域での企業向けソリューションの共同開発に向けた実証実験スタート

生保

住友生命、一時払終身保険の保険料率を改定