シンニチ保険WEB

日本生命、セカンドライフに関するアンケート調査を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ(https://www.nissay.co.jp)内の「契約者専用サービス」にて、セカンドライフに関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2021年8月1日(日)~8月14日(土)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:7,381名(男性:3,805名、女性:3,429名、性別回答なし:147名)
《アンケート結果のポイント》
ポイント①
【定年について】
〇全年代において半数以上が定年後も「仕事を続けたい」と回答した。
〇世帯年収が高い人ほど、「現在の仕事を続けたい」と回答した。
〇全年代の64.5%の人が「65歳以上も働きたい」と回答した。
ポイント②
【セカンドライフの予算について】
〇単身の場合は、ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費の平均が24.7万円となり、現在の生活費と比較して8.6万円増額となった。
〇夫婦の場合は、ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費の平均が29.3万円となり、現在の生活費と比較して4.5万円増額となった。
〇貯めておきたい金額の平均は、3,622万円となり、昨年度と比較して589万円増加となった。
ポイント③
【昨年度との接触機会の変化について】
〇全年代の60.1%が昨年度と比べて接触機会が「減った」と回答した。
〇全年代で接触機会が減った相手として「知人・友人」と回答した人の割合が最も高かった。
〇接触機会が増えたと回答した65歳以上の半数以上が要因として「新型コロナのワクチン接種により安心感が増したため」と回答した。
〇接触機会が減少した要因として、年齢が高い人ほど「新型コロナの感染対策が徹底されていないため」と回答した人の割合が高かった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ソニー生命、成年年齢の引き下げに関する意識調査2021を実施

生損共済

日本生協連、2021年度 全国生協組合員意識調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「大同生命サーベイ」2021年10月度調査レポートを公表

生保

日本生命、脱炭素ファンドへのインパクトに投資

生保

日本生命、「勤労感謝の日」についてインターネットアンケートを実施

生保

明治安田生命、「いい夫婦の日」に関するアンケート調査を実施

生保

エヌエヌ生命、全国の男性中小企業経営者と妻の「いい夫婦の日」意識調査

生保

第一生命、中小企業を中心に約3万社に「SDGsに関するアンケート調査」を実施

生保

日本生命、ニッセイ・ウェルス生命の100%子会社化完了

生保

日本生命、確定給付企業年金向け新商品「ニッセイ一般勘定プラス」の発売