シンニチ保険WEB

チューリッヒ・インシュアランス・グループとオックスフォード大学が共同調査

チューリッヒ生命は、チューリッヒ・インシュアランス・グループとオックスフォード大学が共同で調査した「Shaping a Brighter World of Work:The Case for a New Social Contract(明るい仕事環境を築く:新社会契約論)」の日本における結果をまとめた。
本調査は、「経済の不安」「各国の保険市場」などの項目について、チューリッヒ・インシュアランス・グループが拠点をもつ世界17ヶ国で実施した。
◆調査結果のハイライト
・日本人の76%が、余暇を使用しスキルアップ教育を受けることに否定的。
日本は、世界と比較して、余暇を使用したスキルアップ教育への意欲が圧倒的に低く、調査をした17ヶ国の中で最下位であった。世界では「ジョブ型採用」が進んでおり個々の能力が求められている一方で、日本においては「新卒一括採用」が主流となっていることが、要因のひとつであると考えられる。
また、日本においては長時間労働や少ない余暇のため、スキルアップ教育にかけられる時間の確保が難しいことも要因として考えられる。
・日本人が最も不安に感じている「経済の不安」は、「老後資金」が全体のおよそ6割。
日本国内では2019年に「老後資金2000万円問題」が話題になった。公的制度のみでは老後に十分な生活資金を確保できないと試算され、個人で老後資金を確保することが重要視されている。
・働けなくなった時に備え、日本人が最も加入している生命保険は「定期保険」でおよそ2割。
2020年から拡大した新型コロナウイルス感染症の影響により、保険の必要性が高まった。一般的に日本人は深刻な病気やけがで体が弱り、働くことが困難になった時のリスクを心配する傾向がある。日本では働けなくなった時の備えとして「定期保険」に加入している人が最も多く、21%となっている。イタリアやイギリスなども同様の傾向があるが、多くの国では就業不能保険が最も選ばれている。
◆調査概要
調査タイトル:「明るい仕事環境を築く:新社会契約論」
調査時期  :①雇用者:2020年1月および2月 ②消費者:2019年3月
調査対象  :世界17ヶ国の雇用者と消費者、28000人
実施者   :チューリッヒ・インシュアランス・グループ、オックスフォード大学

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、羽根田卓也選手・髙木菜那氏がメンタルウェルビーイング促進を目的としたセミナーを開催

生保

ジブラルタ生命、教員の意識に関する調査2022を実施

生保

かんぽ生命、「資産の把握状況に関する調査」を実施

損保協会・団体

損保協会、2021年度損害保険代理店統計

生保

明治安田生命、夏に関するアンケート調査を実施

損保

アクサ損保、第2回子育て世帯ドライバーの安全運転とリスク認知に関する意識調査

生保

大同生命、中小企業経営者アンケート「資金繰りと今後の業績」

生保

チューリッヒ生命、病気やケガで10日間以上働けなくなった人への実態調査

生保

日本生命、インターネットアンケート「父の日」について

生保

生保各社(カーディフ生命、チューリッヒ生命、楽天生命)、2021年度決算を発表