シンニチ保険WEB

生保協会、「介護福祉士・保育士養成給付型奨学金制度」奨学生289名を決定

生保協会は、2021年度の「介護福祉士・保育士養成給付型奨学金制度」において全都道府県の学生289名に対し、総額6,936万円の給付型奨学金を支給することを決定した。
コロナ禍においても、引き続き社会的な課題である高齢者の介護や待機児童の問題への対応として、両分野における専門職の養成が求められていることから、同会では、介護分野における介護福祉士、保育分野における保育士の養成をそれぞれ支援する目的で、介護福祉士・保育士養成給付型奨学金制度を実施している。
2021年度までの累計で、「介護福祉士養成給付型奨学金制度」の奨学生は5,470名、「保育士養成給付型奨学金制度」の奨学生は452名となっている。今後とも、同会では本奨学金制度を通じて各人材の輩出を支援し、社会的課題の解決に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

生保協会・団体

生保協会、かんぽ生命の新規業務に関する届出制の運用に係る郵政民営化委員会の方針案に対する意見書を提出

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

生保

住友生命、Olive Union、住友生命福祉文化財団がコンサートホールで次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試みを共同で実施

生保

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」寄付総額が累計5億1,681万円に