シンニチ保険WEB

第一生命、働き方改革の推進とCO2排出量削減に向け本社会計に係る書類業務をデジタル化

第一生命は、従業員の柔軟な働き方の実現とペーパーレス化によるCO2排出量削減に向け、2022年4月より、本社等に所属する従業員7,000名を対象に経費申請・旅費申請分野を中心とした会計業務のデジタル化を行う予定である。
具体的には、株式会社コンカーが提供する経費精算・管理クラウド「ConcurExpense」や請求書管理クラウド「ConcurInvoice」を活用することで、現行の紙メインの業務フローをデジタル化し、紙での申請・押印作業や証憑の紙保管といった業務負荷を削減する。本取組によって、年間で約250,000枚発生していた経費申請書や請求書の印刷が不要となり、同社が目標の一つとして掲げているスコープ3のCO2排出量削減を推進する。
また、従業員がスマートフォンで証憑等を撮影し経費申請することが可能となり、証憑の紙保管が不要となるほか、出社せずにテレワーク時や外出先から経費申請・承認が可能となるなど、申請者と上長の双方で働く場所を限定しない柔軟な働き方を実現する。
今後も同社は、事業効率の向上や適切な業務運営の遂行を目的としてテクノロジーを積極的に活用しながら、事業変革を進めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

第一生命、サラリーマン川柳コンクールが35周年、20代限定新企画も

生保

第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命、GLP投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資

生保

SBI生命、AI電話自動応答システムとRPAを活用し生命保険料控除証明書の再発行を完全自動化

生保

第一生命、生物多様性保全を目的としたグリーンボンドに投資

生保

第一生命、アジア開発銀行が発行するブルーボンドへ投資

生保

第一生命、第73回「保健文化賞」受賞者を決定

生保

第一生命、「第39回第一生命全国小学生テニス選手権大会」へ特別協賛

損保

楽天損保、オンライン請求により支払所要日数を短縮

生保

第一生命、テニスの更なる振興に向け日本テニス協会と協定を締結