シンニチ保険WEB

ソニー生命、公式ホームページに「サステナビリティへの取組」サイトを公開

ソニー生命は、同社ホームページ内の「社会貢献活動」サイトをリニューアルし、7月28日、「サステナビリティへの取組」サイトを公開した。
本サイトを通じて、社会・環境に関する具体的な取組や、事業活動を通じた持続可能な社会の発展に向けた取組を紹介していく。
■ソニー生命のサステナビリティの考え方
同社は、ソニー創業者の一人、盛田昭夫による「ひとのやらないことに挑戦し、社会に貢献する」という思いをもとに創立し、お客さま一人ひとりにあわせた「合理的な生命保険と質の高いサービスの提供」を通じた「経済的保障と安定」を基本使命に、それを追求し続けてきた。
創立時の思いや基本使命にもとづく同社の事業活動は、お客さま、広くは国民生活の安定・向上や経済の発展に深く関連し、持続可能な社会のさらなる発展に貢献するものと考えている。
さらに、金融機関としての高い倫理観と使命感を持ち、多様なステークホルダーや地球環境に与える影響へ十分配慮した行動と信頼関係の構築に努めている。
これらの考えをもとに、長期的な視点で今後もお客さまと社会を支え続ける会社として、事業活動を通じた持続可能な社会の発展に貢献していく。
■サイトの名称およびURL
名称:「サステナビリティへの取組」サイト
URL:https://www.sonylife.co.jp/land/sustainability/
■コンテンツ構成
●お客さまの豊かなライフプラン・経営者のビジョンの実現
●ステークホルダーへの責任
・お客さまへの責任
・地域・社会への貢献
・地球環境の保護
・社員の働きがい
・ビジネスパートナーとのコミュニケーション
●コーポレートガバナンス

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行するジェンダーボンドに投資

生保

大同生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

メットライフ生命、「メットライフ財団×日本財団高齢者・子どもの豊かな居場所プログラム」始動

生保

太陽生命、世界アルツハイマーデーにあわせて認知症の予防に関する意識調査結果を公表

損保

損保協会、最新の「全国交通事故多発交差点マップ」を公表

損保

東京海上日動、社会課題の解決に向けた取組みを強化

損保

SOMPOホールディングス、介護用シャワー入浴装置「美浴(びあみ)」最新モデルの改良に「FutureCareLabinJapan」が協力

生保

住友生命、Olive Union、住友生命福祉文化財団がコンサートホールで次世代型イヤホン「オリーブスマートイヤープラス」視聴の試みを共同で実施

生保

メットライフ生命、社会貢献プログラム「ワンダラー・ドネーション」寄付総額が累計5億1,681万円に

生保

朝日生命、社内募金(「朝日の月」醵金)を寄付