シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、「ジョブ型人事制度」導入

SOMPOひまわり生命は、7月より、「ジョブ型人事制度」を導入した。
「ジョブ型人事制度」を導入することで、特定分野において高度な専門能力を有する社員を「基幹職(ジョブ型)」に登用する。高度専門人財を社内外から確保し、長期的にその専門能力を開発・発展させることで、「世界で最進・最優の生命保険会社」への変革を進める。 同社は、2020年度より「働き方改革推進本部」を設置し、新たなワークスタイルを支える人事制度改革に取り組むことで、働き方改革を推進している。
健康応援企業として新たな価値を提供していくためには、総合能力の高い人財だけではなく、特定分野で高度な専門性をもつ人財の活躍が一層求められる。
「ジョブ型人事制度」を導入することで高度専門人財がより専門能力を高め、多様な人財が活躍できる環境を整備する。なお、制度開始時は、4部署5名の社員を基幹職(ジョブ型)に移行する。
基幹職(ジョブ型)は、個別に定められた職務定義書により職務内容や基本報酬を決定する。役職ではなく、職務の難易度や責任の大きさによって報酬を決定する仕組みとすることで、経験年数や年次にとらわれない登用を可能にする。
また、特定領域における専門能力を長期的に発揮することで、お客さまへ新たな価値を創造することが期待されるため、異動配置は職務関連性の高い範囲に限定し、プロフェッショナリズムを高める。
◆基幹職(ジョブ型)は、専門性レベルに応じて区分
・プリンシパル(PRINCIPAL)
会社が定める高度専門領域において最高峰の専門知識・技能を持ち、会社事業のコアを形成する。
・シニア(SENIOR)
会社が定める高度専門領域の第一人者として部門事業のコアを形成する。
・チーフ(CHIEF)
会社が定める高度専門領域のスペシャリストとしてプロジェクト推進を行う。
・ディピュティー(DEPUTY)
チーフへの準備期間

関連記事(保険業界ニュース)

SOMPOひまわり生命、『健康をサポートするがん保険 勇気のお守り』を発売

生保

SOMPOひまわり生命、プロゴルファー金谷拓実選手と準所属契約を締結

損保

三井住友海上、女性副支店長・副部長ポストの新設

生保

SOMPOひまわり生命、「触れるふれる動画(インタラクティブ動画)」の提供開始

損保

アニコム損保、組織改編および人事異動

生保

アフラック生命、7月1日付組織変更及び人事異動

生保

住友生命、戦略的なタスクの解決に向けた管理職を新設

生保

SOMPOひまわり生命、2020年度決算を発表

生保

SOMPOひまわり生命、2021年3月末 市場整合的エンベディッド・バリューを開示

生保損保

損保ジャパンとSOMPOひまわり生命、入間市と「地方創生に係る包括連携協定」を締結