シンニチ保険WEB

大樹生命、「医療AIプラットフォーム技術研究組合」に加入

大樹生命は、厚生労働大臣および経済産業大臣の認可により設立された「医療AIプラットフォーム技術研究組合」(略称「HAIP」)に加入することになった。
1.「医療AIプラットフォーム技術研究組合」(略称「HAIP」)について
HAIPは、技術研究組合法に基づき、厚生労働大臣および経済産業大臣の認可を得て、2021年4月1日に設立された。
技術研究組合とは、複数の企業や大学、独立法人などが協同して試験研究を行うために、技術研究組合法に基づいて、主務大臣の認可により設立される非営利共益法人であり、HAIPは、医療AIサービスの普及・発展に資する業界共通の基盤技術の研究開発を行っている。
HAIPによる研究開発の成果は、誰もが活用できるようにオープン領域として公開することで、医療AIサービスのさらなる普及・発展に貢献し、医療の質の確保や医療関係者の負担の軽減を目指している。
2.加入の目的
同社は、保険会社としての社会的責任の下、HAIPにて、「簡便かつ安心して医療AIサービスを利活用できる環境構築」の実現に向け、医療現場以外における課題(医療AIを活用した新たな保険の動向や保険業界を取り巻く医療関連課題)の解決にも利活用可能な医療AIプラットフォーム創生に向けた研究を行う。
HAIPでの研究活動を通して、国民生活の福祉向上に寄与できるよう努めていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

損保

SBI損保、【損害保険業界初】JATTO・DRP 先進安全自動車の電子制御装置整備(エーミング)に関する提携を発表

生保

マニュライフ生命の全額出資子会社MFAが金融商品仲介業でアイザワ証券と業務委託契約、アイザワ証券子会社のライフデザインパートナーズともパートナーシップを構築

生保

住友生命、TORANOTECと事業共創をスタート

損保

損保ジャパン、SOMPOリスク、カーボンニュートラル社会の実現に向けた新たなサービスの開発のため関西電力と協業

生保

住友生命、エクサウィザーズと“Well-being Tech”領域で業務提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、JX通信社と資本業務を提携

損保

SOMPOホールディングス、ELYZAとコールセンター領域におけるDXパートナーとして提携

損保

あいおいニッセイ同和損保、Mobility Technologies への資本参加および業務提携

生保

日本生命、株式会社ドリームインキュベータと業務提携