シンニチ保険WEB

住友生命、戦略的なタスクの解決に向けた管理職を新設

住友生命は、社会やマーケットの変化に対し、機動的に対応する観点から、固定的な「組織」を持たない新たな管理職「タスクフォースマネージャー」を新設する。
◆「タスクフォースマネージャー」の概要
人口構造の変化や、DXの進展、働き方改革の推進など、社会やマーケットは今後も加速度的に変化していくことが想定される。住友生命の本社組織では、基本的に「部」の傘下に「室」を設置し、「室」単位で職務等を明確化しているが、このような外部環境の変化に対し、より柔軟かつ迅速に対応していくために、様々な課題(タスク)に応じた機動的なチーム組成を行い、そのチームリーダーに「タスクフォースマネージャー」を任命することで、課題解決に取り組んでいく。
「タスクフォースマネージャー」には、室長職と同等の権限を付与し、専門性や能力のある若手・女性等、多様な人材を積極的に登用する

関連記事(保険業界ニュース)

生保

かんぽ生命、自己株式を消却

生保

第一生命ホールディングス、株式報酬制度に関する新株式発行について払込が完了

生保

SOMPOひまわり生命、「ジョブ型人事制度」導入

生保損保

住友生命、三井住友海上、みなとみらい21中央地区58街区横浜市と連携協定を締結

損保

三井住友海上、女性副支店長・副部長ポストの新設

生保

住友生命、「DX認定事業者」の認定取得

生保

住友生命、子育て支援事業「第15回未来を強くする子育てプロジェクト」募集開始

生保

住友生命がVitality加入者へアンケート調査、適度な運動の継続によって健康診断結果が改善

生保

住友生命、企業CM「手紙篇」「生き方を問う人篇」放映開始

生保

明治安田生命、組織改正を実施

関連商品