シンニチ保険WEB

かんぽ生命、フランス国有鉄道が発行するグリーンボンドへ投資

かんぽ生命は、このたび、フランス国有鉄道(以下「SNCF」)が発行するグリーンボンド(1億米ドル/約108億円)への投資を実施した。本債券発行による調達資金は、低炭素社会への移行支援に加え、コロナ禍におけるグリーン・リカバリーの推進を支援するプロジェクトに充当される。なお、かんぽ生命は、本債券の発行額の全額を購入している。
SNCFは鉄道のインフラ管理を行っている企業として2016年に世界で初めてグリーンボンドを発行した、フランス政府が100%出資する国有鉄道会社である。2020年までは高速鉄道の線路システムやその他の線路の管理、更新、エネルギー効率化などへの投資などがグリーンボンドの主な資金使途であったが、2021年のグリーンボンド・フレームワークの更新により、走行時に二酸化炭素等の排出ガスを出さないゼロ・エミッションの鉄道車両(水素電車など)の新規購入、整備に伴う直接的・間接的投資も資金使途の対象に加わった。
なお、SNCFのグリーンボンドは、International Capital Market Association(ICMA:国際資本市場協会)のグリーンボンド原則に則っており、英国の非営利団体であり低炭素経済への移行に向けた投資の促進を目的とし設立されたClimate Bonds Initiative(CBI:気候債券イニシアティブ)により、温室効果ガスの排出量が少ない低炭素交通の認証を受けている。また、将来的なEUのGreen Bond Standard(グリーンボンド基準)にも適合する予定である。
◆本債券の概要
発行体   フランス国有鉄道(Societe Nationale SNCF SA)
発行体格付 Aa3/AA-(Moody’s/S&P)
年限    10年(2031年5月19日)
発行総額  1億米ドル(約108億円)
利率    1.850%

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、リバーフィールドへインパクト投資

生保

かんぽ生命、日本郵船が発行する本邦初のトランジションボンドへの投資

生保

かんぽ生命、自己株式を消却

生保

第一生命、日本郵船株式会社が発行する本邦初となるトランジションボンドへの投資

生保

第一生命、株式会社アウトソーシング向けサステナビリティ・リンク・ローンに融資

生保

第一生命、欧州復興開発銀行が発行する気候レジリエンスボンドに投資

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、コーポレートベンチャーキャピタルの総投資枠を2億米ドルに拡大

生保

太陽生命、川崎重工業株式会社が発行するサステナビリティボンドへの投資

生保

太陽生命、大同生命、京阪ホールディングス株式会社が発行する「サステナビリティボンド」に投資

生保

かんぽ生命、はたらく細胞×すこやかんぽ あるいて健康キャンペーン

関連商品