シンニチ保険WEB

第一生命、静岡県浜松市における口腔ケアに関する社会実証を開始

第一生命は、静岡県浜松市の「予防 ・健幸都市」の実現に向けた官民連携プラットフォーム「浜松ウエルネス・ラボ」における実証事業として、「スマート歯ブラシ」を活用した口腔ケア意識の向上や行動変容に関する社会実証を6月から開始する。
国民のおよそ5割が罹患していると言われる歯周病※1は、虫歯と合わせて歯を失う※2大要因であり、糖尿病などの生活習慣病と相関関係があることがわかっている。生涯十分な数の歯を維持し、カラダ全体の健康維持につなげるためには、歯磨きなどのセルフケアはもちろん、歯周病検診や予防歯科通院で専門家によるケアを定期的に行うことが理想とされている。しかしながら浜松市の歯周病検診の受診率は全国の受診率推計※2と同等の5%程度に止まり、歯周病検診や予防歯科の受診率向上が課題となっている。
今回の社会実証では、NOVENINE が開発した口臭測定センサーを兼ね備えたスマート歯ブラシ「NOVENINE SMASH」と専用のスマホアプリ「NOVENINE アプリ」(以下、「SMASH 等」)を活用し、浜松市民に対して日々の歯磨き習慣の記録機能、その効果としての口臭の可視化機能および歯科医師へのチャット相談サービス機能を提供することで、健康的な口腔ケアを意識づけるアプローチを行う。これにより実際に行動変容等に結びつくかの示唆を得て、定期的な歯科受診率向上、ひいては生活習慣病予防や健康寿命の延伸に寄与することを目的としている。
※1 平成28年歯科疾患実態調査より、歯周ポケット4mm以上有する人の割合。
※2「歯周疾患検診の推定受診率の推移とその地域差に関する検討」(2018)より、2015年の歯周疾患検診受診率推計。
◆社会実証概要
浜松市在住または在勤100名を対象に、SMASH等による口臭測定・歯科医師相談等を実施し、歯周病予防のための意識向上や行動変容(予防歯科通院等)につなげられるかを検証する。
実施期間:2021年6月~9月(約3か月間)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、リバーフィールドへインパクト投資

生保

第一生命、働き方改革の推進とCO2排出量削減に向け本社会計に係る書類業務をデジタル化

生保

第一生命、日本郵船株式会社が発行する本邦初となるトランジションボンドへの投資

生保

第一生命、株式会社アウトソーシング向けサステナビリティ・リンク・ローンに融資

生保

第一生命、欧州復興開発銀行が発行する気候レジリエンスボンドに投資

生保

第一生命、ミレニアル世代向け「デジホ」の新商品「所得保障保険」の販売開始

生保

第一生命、企業CM「安心の先にある幸せへ。」篇放映開始

生保

第一生命、チャレナジーと協力し、都市部でも設置可能な風力発電機の開発を開始

生保

第一生命、不動産運用におけるESG投資を高度化

生保

第一生命、東京都中央区京橋における木造ハイブリッド構造の賃貸オフィスビルの計画検討に着手

関連商品