シンニチ保険WEB

メディケア生命、がん患者およびその家族2,065名対象にがん治療に関する調査を実施

メディケア生命は、メディフィットがん保険の発売にあたって、全国のがん患者およびその家族2,065名に、がん治療に関するアンケート調査を実施した。
調査結果①
がんの治療内容は、手術・放射線治療・抗がん剤治療の三大治療が中心になっていいる。
手術を受けた人は約87%と最も多く、次いで抗がん剤治療を受けた人が約48%。
さらに、抗がん剤治療を受けた人のうち、約18%の人が自由診療を受けている。
調査結果②
緩和ケアは、約48%の人が治療初期より痛みを感じたときに行われている。
緩和ケアの種類として、オピオイド鎮痛薬または神経ブロックによる薬剤治療や在宅医療、緩和ケア病棟への入院が多くなっている。
調査結果③
がんが再発した場合、入院して治療した人は約71%で、通院で治療した人は約23%。
がんと診断されてから再発までの期間は、1年以内の短期間で再発するケースが多くなっている。
調査結果④
再発・転移をしていない割合は、抗がん剤治療のみを受けた人で約61%、ホルモン療法のみを受けた人で約87%となっている。
また、抗がん剤治療のみを受けた人のうち、約半数が収入減となっている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

チューリッヒ生命、2021年 ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査結果を発表

損保

損保ジャパン、「SDGs・社会課題に関する意識調査」を実施

生保

ライフネット生命、メディケア生命の「メディフィット Re」の販売を開始

損保協会・団体

損保協会、2020年度損害保険代理店統計を発表

生保

明治安田生命、「『お客さまの声』白書2021」を発行

生保

太陽生命、太陽の元気プロジェクト 2020年度の取組み

生保

イオン・アリアンツ生命、「お客さま本位の業務運営基本方針」の2020年度取組み結果を公表

生保

ソニー生命、中高生が思い描く将来についての意識調査2021を実施

損保

アイペット損保、子犬の骨折と月齢の相関性について分析結果を発表

生保

大同生命、「在宅勤務(テレワーク)とデジタル化の取組状況」について調査結果を公表

関連商品