新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

日本生命、「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」始動

日本生命と三菱地所は、神奈川県相模原市中央区淵野辺において、物流施設開発事業「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」を始動する。
本計画地は、国道16号線までのアクセスが至便かつ、圏央道「相模原愛川IC」より約6.8km、東名高速道路「横浜町田IC」より約10.8kmと両高速道路の利用が可能であるほか、東京都心から40km圏内、横浜から30km圏内に位置している、地域配送・広域配送の両方に適した立地である。加えて、JR横浜線「淵野辺」駅・「古淵」駅からはともに徒歩約20分圏内であることや、相模原市は人口の多い政令指定都市であるため、テナント企業が雇用を確保しやすい環境にあり、高い需要が見込まれる。
本プロジェクトは、三菱地所が出資する特定目的会社と日本生命が事業主体となって開発するもので、地上5階建てマルチテナント型物流施設を想定している。2022年の新築着工、2023年の竣工を予定している。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、威力業務妨害の容疑で元職員が逮捕

生保

日本生命、「夏のボーナス」に関するアンケートを実施

生保

日本生命、委託業者における個人情報の漏えいが発覚

生保

日本生命、子会社のニッセイプラス少額短期保険が企業の健康経営を支援する精密検査費用保険を発売

生保

日本生命、名古屋銀行グループ×日本生命「地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定」に基づくグリーンローンを契約締結

生保

日本生命、百十四銀行との地域のサステナビリティ推進に関するパートナーシップ協定を締結

生保

日本生命、「日本生命トランジション・ファイナンス実践要領」を策定

生保

日本生命、「父の日」に関するアンケート調査を実施

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ 2024」公演開始

生保

日本生命、確定拠出年金受託加入者等数100万名突破

関連商品