シンニチ保険WEB

FWD富士生命、2020年度 第3四半期の業績を発表

FWD富士生命は、2020年度第3四半期(2020年4月1日~2020年12月31日)の業績の概要を発表した。
今回の業績の公表に関わり、同社 代表取締役社長 兼 CEOの山岸英樹氏は以下のようにコメントしている。
「2020年度第3四半期の業績は、保険料収入が前年同期比5.5%増加の1,439億円、当期純利益が52億円となり、引き続き着実な成果を残すことができた。この結果、総資産は9,892億円となり、前年度末より6.8%増加した。 保険会社の経営の健全性を示す指標の一つであるソルベンシー・マージン比率は2020年12月末時点で1,151.0%と、十分な支払い能力を有している。当社では、今後も「人々が抱く『保険』に対する感じ方・考え方を刷新すること」というビジョンの実現に向け、お客さまに独自性豊かな商品や、新たな顧客体験を提供していく」

関連記事(保険業界ニュース)

生保

FWD富士生命、役員人事を発表

生保

FWD富士生命、FWD収入保障申込手続きの効率化を実現

生損

アクサ・ホールディングス・ジャパン、2020年度(令和二年度)第3四半期末の連結業績を発表

生保

東京海上日動あんしん生命、2021年3月期 第3四半期決算を発表

生保

SBI生命、2020年度第3四半期(4月1日~12月31日)の業績を発表

損保

東京海上ホールディングス、2021年3月期第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)を発表

損保

日本地震再保険、2021 年 3 月期 第 2 四半期(中間期)決算の概況を発表

損保協会・団体

損保協会、令和2年9月中間期 損保決算概況を発表

生保

ライフネット生命、定期死亡保険の保有契約件数が20万件を突破

共済

JA共済連、令和2年度上半期業績を発表

関連商品