シンニチ保険WEB

アクサ生命、「2020アウトスタンディングLGBT+ロールモデルリスト」、安渕氏聖司が世界第3位に選出

アクサ生命は、英国のダイバーシティ&インクルージョン推進団体「INvolve」(※)が2021年1月19日に公開した「2020アウトスタンディングLGBT+ロールモデルリスト(2020OUTstandingLGBT+RoleModelLists)」において、同社CEOの安渕氏聖司氏がアライ・エグゼクティブ50名中第3位に選出された。これは、安渕氏のLGBT+のアライ(支援者)としての幅広い活動が世界的にも認められたものである。
「2020アウトスタンディングLGBT+ロールモデルリスト」は、ダイバーシティ&インクルージョンの分野で卓越した成果を挙げた世界のリーダーを「INvolve」がロールモデルリストとして選出し、その功績を称える取り組みである。「INvolve」のロールモデルリストには、LGBT+、ジェンダーの多様性、人種的マイノリティの3つの部門があり、それぞれ当事者のリーダー、未来のリーダー、そしてアライの3カテゴリーに分けられ、アライのカテゴリーでは50名が選出される。安渕氏は、社内外のLGBT+コミュニティの支援とともに、多様な家族の ありかたを支援する団体、Famieeの設立支援などの活動が「INvolve」から高い評価を受けた。
安渕氏は、社内においては、2019年のアクサ生命CEO就任以降、同社のダイバーシティ&インクルージョン諮問委員会の議長を務め、従業員が自主運営するLGBT+とアライのグループである「アクサ・プライド・ジャパン」の活動を強力にバックアップしてきた。安渕氏のリーダーシップのもと、LGBT+の啓発を目的とした社内研修ビデオの制作や人事制度の改定など、社内の理解促進や環境整備が急速に進んでいる。安渕氏は、多様性を柔軟に受け入れる企業文化の醸成こそがイノベーションの源泉となることを従業員に訴え、行動の変革を促してきた。その結果、お客さまのライフマネジメントに基づく保障のご提案を行うためのライフプランニングツールを同性カップルにも適用できるよう改訂したり、公式ホームページにLGBT+のお客さま向け生命保険FAQを掲載したりするなど、お客さまや社会の要請に応える新たな取り組みも積極的に行われている。
また、安渕氏は、LGBT+のアライとして社会啓発にも積極的に取り組んでおり、東京レインボープライドパレードへの参加や、アウトリーダーシップ・アジアサミット2020への登壇の他、マスメディアからSNSまで多様なメディアを通じてメッセージを発信するなど、「あたり前に混ざる」ことこそが強靭でしなやかな社会の基盤になるという信念をもって、行動を続けている。
アクサ生命は、お客さまや地域社会の皆さまにとって大切なものを守り、「誰もが自分らしくいられる」社会づくりを目指して行動していく。
※「INvolve」とは:
2013年に設立された英国の法人会員型団体で、ビジネスにおけるダイバーシティ&インクルージョンの施策推進を含めたビジネスの成長を支援。インクルージョンを通じたポジティブで持続可能な企業の発展を目的とし、120以上のグローバルな組織と連携して、多様な従業員と支援者のインクルージョンとサポートを促進する包括的なプログラムを提供している。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、「バレンタイン・チャリティ募金」204万円を寄付

損保

SOMPOホールディングス、オンラインセミナー「防災・減災に向けた企業の進化と今後の10年~東日本大震災から10年これからの防災・減災サービスを考える~」の開催

生保

アクサ生命、「お客さま本位の業務運営を実現するための基本方針」にかかる評価指標の結果を公表

損保

大同火災、第93回選抜高校野球大会出場校へ寄付金贈呈

損保

損保協会、2021年度自賠責運用益拠出事業18.5億円を決定

生保

かんぽ生命、2021年度 夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」等の開催地および開催日程を決定

生保

マニュライフ生命カップ、第15回エコノミクス甲子園全国大会を初のオンライン開催

損保協会・団体

損保協会、広島県江田島警察署に感謝状を贈呈

損保協会・団体

損保協会、広島県江田島市に軽消防自動車を贈呈

損保

SOMPO環境財団、インドネシア版CSOラーニング制度 第3期キックオフセレモニーを開催

関連商品