新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

第一生命、「元社員による金銭の不正な取得」事案について経過報告と注意喚起

第一生命は11月9日、同社西日本マーケット統括部(徳山分室)に所属していた元社員(特別調査役)が、複数のお客さまに対し架空の金融取引を持ちかけ、お客さまから現金を不正に取得していた事案についての経過報告と、合わせて注意喚起を行った。
このうちお客さまへの注意喚起では、本事案においては、金銭の不正授受に際して、行為者直筆(手書き)の「お預かり証」を手交していたことが確認されている。同社では社員が私製領収書を用いて現金を取り扱うこと、同社商品の取扱いにおいて、社員がお客さまから現金や小切手をお預かりすることはなく、上記について心当たりがある場合は問い合わせ窓口まで連絡するよう呼び掛けている。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、全国市民ランナー応援プロジェクト「RunwithYou」2024年度スタート

生保

第一生命、「RE100(100%再生可能エネルギー化)」達成企業に認定

生保

第一生命、国内金融機関で初となるWELL認証最高ランク「プラチナ」を取得

生保

第一生命、同社初となる、「DLサステナビリティ・リンク・ローン・フレームワーク」に基づく融資を実行

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の支援と募集開始

生保

第一生命ホールディングス、第一生命と第一フロンティア生命における責任投資の中期取組方針(2030年3月迄)を策定

生損

明治安田生命、損保ジャパン、第一生命、今年も全国104万人の新小学一年生へ「黄色いワッペン」を贈呈

生保

第一生命、第35回「大人になったらなりたいもの」調査結果を発表

生保

第一生命、ブレイキン日本代表Shigekix(半井重幸)選手との所属契約を締結

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームの構築完了

関連商品