新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、ネット給付金請求・LINEを活用した給付金請求の取扱範囲を大幅拡大

SOMPOひまわり生命は、お客さまの利便性向上、迅速な支払いを目的に、ネット給付金請求・LINEを活用した給付金請求において、診断書の提出を不要とする請求(以下「簡易請求」)の取扱範囲を拡大した。
1.背景・目的
ネット給付金請求は2019年5月、LINEを活用した給付金請求は2020年3月に取扱いを開始した。
■ネット給付金請求:マイ リンククロス(Webサービス)から必要項目を入力、領収証等を写真添付すると、その場で給付金請求手続きが完了する。
■LINEを活用した給付金請求:同社LINE公式アカウントと友だち登録、LINE上で給付金請求のお申し出を行い、領収証等をLINE上で入力、および画像送信することで、請求手続きが完了する。
●メリット
・24時間365日受付可能である。
(LINEを活用した給付金請求は、チャットの営業時間(9時~18時まで(土・日・祝・年末年始を除く)のチャットオペレーターからの回答が必要)
・郵送に要する期間(概ね4日~6日程度)を省略できるため、より迅速な支払いが可能である。
このたび、手術給付金の簡易請求について取扱いの範囲を拡大することで、さらに多くのお客さまへ迅速な支払いを実現するとともに、診断書の取り付けにかかる費用や労力等の負担を軽減する。
2.ネット給付金請求・LINEを活用した給付金請求における手術給付金簡易請求の要件
これまで手術給付金の簡易請求は12種類の手術に限定していたが、公的医療保険連動型の医療保険かつ所定の要件を満たす場合においては、すべての手術※1(約1,000種類の手術に対応、約款に記載の除外手術は除きます)で取扱いを可能とする※2。
※1 公的医療保険制度によって保険給付の対象となる医科診療報酬点数表に手術料が算定されるものをいう。
※2 提出書類の内容よっては、「入院・手術・通院等証明書(診断書)」の提出をお願いすることがある。
3.今後の展開
同社はこれからも、お客さまへの適切かつ迅速な支払いにつながる簡便・便利なご請求方法の提供および改善に努めていく。そして、お客さまの健康に資する「健康応援企業」として、健康になるための「毎日」に寄り添い、最高品質の商品・サービスを提供し、社会に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会石川支部との「かがやき健康企業宣言」事業にかかる覚書締結

損保

東京海上日動、マイナンバーカードの公的個人認証サービスを利用した保険契約手続き開始

損保

セゾン自動車火災、防災意識向上のきっかけに「ソナエる意識向上月間2024」を開催

生保

日本生命、PHRを活用した「みなし健診」サービスの提供開始、日本航空健康保険組合が参画決定

生保

大同生命、中小企業向け「サステナビリティ経営実践ガイド」発行

生保

SOMPOひまわり生命、全国健康保険協会和歌山支部と「健康経営の普及を目指した相互協力・連携にかかる覚書」締結

生保

ネオファースト生命、健診結果改善サポートアプリ「Neoコーチ」10万ダウンロード達成、ユーザー体験の向上に向けた機能追加

損保

三井住友海上、AI音声による事故受付サービスを開始

生保

住友生命、「LOOOKIT」を活用したコールセンター応対開始~Vitalityアプリをリモートで説明

生保

第一生命、第76回「保健文化賞」の募集開始

関連商品