シンニチ保険WEB

SOMPOひまわり生命、日本赤十字社へ300万円の寄付金を贈呈

SOMPOひまわり生命は、先進医療の発展や普及を目的として、日本赤十字社へ300万円の寄付金を贈呈し、10月16日(金)に日本赤十字社本社において、目録贈呈式を行った。
1.「リンククロスコインズ」の販売意義
同社は、2016年9月に、月々500円の保険料で加入できるネット専用商品「リンククロスコインズ」※1の販売を開始した。「リンククロスコインズ」は、先進医療や臓器移植といった経済的負担の大きい治療の保障に特化した保険商品である。
また、CSRの取組みとして、契約した件数に応じて、先進医療や臓器移植に関連する医療機関や普及団体への寄付をすることで、健康な社会の実現に貢献する仕組みとしている。
※1 正式名称:臓器移植医療給付金付先進医療保険(白内障不担保およびがん先進医療一時金変更の特則付)
2.寄付の経緯、内容
今般、「リンククロスコインズ」の販売件数が30,000件を突破したことに伴い「グリーンリボンデー」※2である10月16日に、日本赤十字社へ寄付金を贈呈した。
日本赤十字社は、日本全国で91の赤十字病院を運営し、地域の中核病院として、人々の健康・安全な生活の追究を事業戦略の一つに掲げ、赤十字病院グループ全体での先進医療の推進、移植医療の連携にも取り組まれている。また、本年6月1日には、同社グループ会社である損害保険ジャパン株式会社と「包括連携協定」を締結し、「安心・安全・健康」な社会を実現するSOMPOグループとの連携・協力を強化している。先進医療や臓器移植の推進に深く関連し、日本全国の医療技術の発展や普及に貢献されていることから、今回の寄付に至った。
※2 10月16日「グリーンリボンデー」は、臓器移植法が施行された日でもあり、家族や大切な人と「移植」のこと、「いのち」のことを話し合い、お互いの臓器提供に関する意思を確認する記念日である。
3.今後の取り組み
同社は今後も、「リンククロスコインズ」の販売を通じて、先進医療や臓器移植の発展や普及に努め、社会に貢献していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

SOMPOひまわり生命、『コロナ禍における働き方への対応と禁煙推進』へ協賛・参加

損保

イーデザイン損保、「より安全な交通環境・社会の実現」に向けた「地方自治体との新たな価値創造の仕組みの構築」に挑戦

生保

SOMPOひまわり生命、2020年度第2四半期(上半期)業績を発表

生保

明治安田生命、2020年11月期「地元アスリート応援プログラム」若手アスリート21名への支援を開始

生保

ソニー生命、太陽光発電設備「そらべあ発電所」を大分県の保育園および山形県の幼保園へ寄贈することを決定

生保

SOMPOひまわり生命、静岡県浜松市における実証事業「デジタル技術&ヒューマンタッチによる血糖コントロール」を開始

生保

SOMPOひまわり生命、「コンタクトセンター・ワールドアワード2020」アジア・パシフィック大会にて金賞を受賞

生保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2020」へ協賛

生保

SOMPOひまわり生命、HDI格付けベンチマーク「Webサポート」および「問合せ窓口」で最高評価『三つ星』を獲得

共済

こくみん共済coop<全労済>、「こくみん共済coopグループ今できるたすけあい募金」に寄付

関連商品