シンニチ保険WEB

日本生命、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施

日本生命は、「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニューの一つとして、ホームページ(https://www.nissay.co.jp)内の「ご契約者さま専用サービス」にて、「レジ袋有料化」に関するアンケート調査を実施した。
≪アンケート概要≫
■実施期間:2020年7月1日(水)~7月8日(水)
■実施方法:インターネットアンケート(「ずっともっとサービス」のサンクスマイルメニュー)
■回答者数:6,584名(男性:3,434名、女性:3,150名)
《アンケート結果のポイント》
ポイント①
【レジ袋有料化について】
○7月1日からレジ袋が有料化になったことを「知っている」と回答した方は99%で、有料化の認知度は高かった。
○エコバッグを「使用している」と回答した方は全体で87.6%。特に女性は95.6%の方が使用しており、男性より15ポイント高かった。
○エコバッグを使用している方を年代別にみると20代以下では76.3%だが、60代以上は91%以上と年代が上がるほど多くなる傾向があった。
○エコバックの使用開始時期については、「2年以上前」と回答した方が半数以上であった一方、約2割の方が「7月1日(有料化のタイミング)」からの使用開始であった。
ポイント②
【エコバッグの使用について】
○持っているエコバッグの数については男性は「1個」、女性は「5個以上」と回答した方の割合が大きく、男女に差があることが分かった。
○エコバッグの入手経緯については年代が上がるほど「もらった」と回答した方が多かった。
○エコバッグを使用する理由については男女共に「レジ袋有料化のため」と回答した方が最も多かった。
○エコバッグを使用している方はエコバッグを使用していない方に比べて環境に配慮した取り組みを行う傾向があった。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、世界銀行(国際復興開発銀行)が発行するサステナブル・ディベロップメント・ボンドに投資

生保

日本生命、ニッセイインターネットアンケート「コロナ禍で変化したこと」

生保

日本生命、「第5回 大阪サクヤヒメ表彰」を受賞

生保

日本生命、佐賀県と「包括的連携協定」を締結

生保

生保各社、東京大学が発行する「ソーシャルボンド」に投資

生保

日本生命、スチュワードシップ活動報告書(2020年)を公表

生保

日本生命、福井県と「包括的連携協定」を締結

生保

朝日生命、アフラック生命、住友生命、第一生命、大同生命、太陽生命、日本生命、明治安田生命、生命保険料控除証明書を電子化

生保

日本生命、健康・医療領域のベンチャーファンドへの投資を通じたインパクト投資を実施

生保

生保8社、マイナポータルを活用した年末調整および所得税確定申告における生命保険料控除証明書の電子化を実施

関連商品