シンニチ保険WEB

太陽生命、太陽の元気プロジェクト2019年度の取組み

太陽生命は、同社が推進する「太陽の元気プロジェクト」2019年度の取組みを発表した。
同社は2014年度より、「シニアのお客様に最もやさしい生命保険会社となる」ことを目指して「ベストシニアサービス(BSS)」をスタートし、シニアのお客様の利便性向上に向け、サービス・商品・制度・帳票・ホスピタリティ等あらゆる面を「シニアのお客様視点」で見直し、改革・改善に取り組んできた。
そして、2016年6月からは、「人生100歳時代」の到来に向け、「健康寿命の延伸」すなわち“元気に長生きする”という社会的課題にこたえるために、「従業員」「お客様」「社会」を元気にする取組み、「太陽の元気プロジェクト」を推進している。
「太陽の元気プロジェクト」では、「従業員」が元気になり、「お客様」の元気をサポートし、「社会」の元気に貢献するという「元気のサイクル」を世の中に生み出すことを目指している。
◆2019年度の主な取組み
・従業員に対しては、従業員一人ひとりが高い意欲を持って長く元気に働ける環境を構築すべく人事制度を刷新するなど、働き方改革をさらに推進。
・お客様に対しては、インターネットという自由な時間と場所で保険の見積もりや申込みができるネット完結型保険「スマ保険」を提供することで、これまで以上にきめ細やかなニーズに応える。
・社会に対しては、「健康寿命の延伸」「少子化」という社会的課題の解決を一層強化すべく、「太陽生命少子高齢社会研究所」を同社の100%子会社として設立し、研究データを広く公表することで社会実装の推進を目指す。
◆2019年度の取組み結果詳細
https://www.taiyo-seimei.co.jp/summary/genki/download/2019_torikumi.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

損保

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」の販売件数が10,000件超え

生保

明治安田生命、「スチュワードシップ責任を果たすための方針」改正および「スチュワードシップ活動の状況について」公表

生保

太陽生命、2019年度「消費者志向自主宣言」フォローアップ結果を公表

生保

太陽生命、「東京都住宅供給公社」が発行する「ソーシャルボンド」への投資を実施

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命、「お客さまの信頼回復に向けた約束」を策定

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命、かんぽ生命保険商品と投資信託の横断的な販売への対応

生保

ニッセイ・ウェルス生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言に賛同

生保

太陽生命、「感染症プラス入院一時金保険」新テレビCMを全国で放映開始

生保

太陽生命、新型コロナウイルス感染症も保障する「感染症プラス入院一時金保険」を新発売

関連商品