シンニチ保険WEB

三井住友海上プライマリー生命、社会貢献特約における指定公益団体を追加

三井住友海上プライマリー生命は、7月13日に『社会貢献特約』における指定公益団体*1として、「京都大学iPS細胞研究財団」を追加する。
本特約は、保険金等受取人を公益団体に指定できる特約である。「資産を寄附することで社会のために役立てたい」等のお客さまのニーズに応えるため、三井住友銀行と共同で業界に先駆けて*2開発し、2019年9月2日から「日本赤十字社」「日本ユニセフ協会」の2団体を指定公益団体として取扱いを開始した。
今般、山中伸弥・京都大学教授が理事長を務める「京都大学iPS細胞研究財団」を、本特約の指定公益団体に追加し、iPS細胞の実用化によって再生医療の普及を目指す同財団の活動を支援する。
*1 本特約を付加した契約の保険金等受取人となることについて、三井住友海上プライマリー生命と合意した団体。
*2 保険金等受取人として公益法人を指定することを可能とする特約について、業界初となる。三井住友海上プライマリー生命調べ(6月末時点)。

関連記事(保険業界ニュース)

生保損保

損保ジャパンおよびSOMPOひまわり生命、「令和2年7月豪雨」による被災地への支援

共済

日本生協連、「2020年7月豪雨災害支援募金」を開設

損保

損保ジャパン、新型コロナウイルス感染症に関する寄付支援

損保

セコム損保、ピンクリボンフェスティバル2020に協力

損保

東京海上日動、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策支援として社員等による寄付を実施

生保

FWD富士生命、令和2年7月豪雨により被災者に義援金を寄贈

損保協会・団体

損保協会、令和2年7月豪雨で被災者へのチラシを作成

生保

日本郵政、日本郵便、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命、令和2年7月豪雨に伴う被害に対し義援金

損保

三井ダイレクト損保、【三井ダイレクト損保スマイル基金】第6回投票結果を発表

生保

住友生命、新型コロナウイルスと戦うスタートアップ支援のため、「KDDI∞Labo」パートナー連合と保有施設等の自社アセットを提供

関連商品