シンニチ保険WEB

プルデンシャル財団、キッズドアの「ラーニングラボみなと」がオープン

プルデンシャル財団が支援するNPO法人「キッズドア」により、東京都港区に新たな学習支援の拠点となる「ラーニングラボみなと」が新設された。
キッズドアは、経済的に困難な環境にある子どもたちが公平なチャンスが持てるよう、社会人や大学生のボランティアスタッフによる無料の受験対策や英語専門講座など、小学生から高校生・高校中退者を対象に学びの機会を提供している。
プルデンシャル財団は、未来を創る若者への支援を通じて日本の地域社会の長期的な発展に寄与したいとの考えから、本年2月に、キッズドアの「貧困家庭の中高生向け学習支援モデル全国展開プロジェクト」(以下「本プロジェクト」)への支援を発表した。このたび、「本プロジェクト」の一環として、「ラーニングラボみなと」が開設されたことにより、地域の子どもたちが学習の機会を身近に得られるようになった。
日本におけるプルデンシャルの生命保険会社グループであるプルデンシャル生命、ジブラルタ生命、PGF生命(プルデンシャルジブラルタファイナンシャル生命)、プルデンシャル・ホールディング・オブ・ジャパンは、引き続き「本プロジェクト」を支援していく。
<「ラーニングラボみなと」の概要>
・開設場所:東京都港区芝浦1-9-3PDビル2F
・開設時間:水曜日、土曜日を除く15時~20時
・役割:経済的な理由で塾に通えない小学生・中学生・高校生・浪人生を対象に、積極的に勉強に取り組みたいと考えている生徒を応援する自習室
・プログラムおよび開始時期:
本年7月:「IT自習室」(プログラミング教育)
本年8月:「EnglishDrive」(英語教育)
・キッズドア公式ホームページ:http://www.kidsdoor.net
※プログラムや開設時間および提供開始時期は、新型コロナウイルス感染症の拡大状況により変更される可能性がある

関連記事(保険業界ニュース)

生保

メットライフ生命、金融機関として初めて兵庫高校でSTEAM教育の出前授業

損保

日本生命、「ニッセイ名作シリーズ2023」について、劇団四季を迎え新たな演目の取組みを実施

生保

ジブラルタ生命、リユースパソコン寄贈に向けた申込受付を開始

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

共済生損

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付