シンニチ保険WEB

住友生命、国際金融公社が発行するソーシャルボンドへ投資

住友生命は、世界銀行グループの国際金融公社(International Finance Corporation)が発行するソーシャルボンドへの投資(投資額約72億円)を決定した。
国際金融公社は、開発途上国の民間セクター支援に特化した世界最大規模の国際開発金融機関であり、開発途上国の民間セクターへの投融資、国際金融市場での資金調達等を通じて開発途上国が持続可能な成長を実現できるよう支援している。
国際金融公社がソーシャルボンドの発行を通じて調達した資金は、新型コロナウィルスの影響を受けた国を含む開発途上国において、必要なサービスを受けられない人々を受益者とするプロジェクトに充てられる。
◆投資概要
発行体:国際金融公社(S&P 格付:AAA、Moody’s 格付:Aaa)
金 額:1億豪ドル(約72億円)
年 限:約15年

関連記事(保険業界ニュース)

生保

住友生命、「Vitality」”加入者へのアンケート調査結果を発表

生保

第一生命、SASBの「インベスター・アドバイザリー・グループ」・「アジア太平洋WG」メンバーに任命

生保

住友生命、新型コロナウイルスと戦うスタートアップ支援のため、「KDDI∞Labo」パートナー連合と保有施設等の自社アセットを提供

生保

日本生命、米州開発銀行が発行するサステナブル・シティ・ボンドに投資

生保

住友生命グループ5社、令和2年7月豪雨の被害に対する義援金として1000万円を寄付

生保

日本生命、プライベートエクイティファンドを通じたインパクト投資を開始

生保

太陽生命、セイコーエプソンが発行するグリーンボンドへの投資を実施

生保

住友生命、第14回「未来を強くする子育てプロジェクト」募集を開始

生保

第一生命、予防接種のための国際金融ファシリティが発行するワクチン債へ投資

生保

住友生命、2019年度「お客さま本位の業務運営方針」に係る取組状況を公表

関連商品