新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

ライフネット生命、支配株主等に関する事項についてを発表

ライフネット生命のその他の関係会社であるauフィナンシャルホールディングス株式会社及びKDDI株式会社について、支配株主等に関する事項は、以下のとおりである。
1.その他の関係会社の商号等
https://www.lifenet-seimei.co.jp/shared/pdf/202006-17-news.pdf
※auフィナンシャルホールディングス株式会社は、KDDI株式会社の100%子会社である。KDDI株式会社は、auフィナンシャルホールディングス株式会社を通じた間接保有である。
2.その他の関係会社のうち、同社に与える影響が最も大きいと認められる会社の商号及びその理由
同社に与える影響が最も大きいと認められる会社は、KDDI株式会社である。その理由は、KDDI株式会社が同社の株式を保有するauフィナンシャルホールディングス株式会社の株式を100%保有しているためである。
3.同社とその他の関係会社との関係
auフィナンシャルホールディングス株式会社は、同社株式の議決権の24.92%を所有する主要株主である筆頭株主かつ、保険業法上の保険主要株主であり、1名が同社社外取締役を兼務しているその他の関係会社である。同社はauフィナンシャルホールディングス株式会社と資本提携契約を締結するとともに、auフィナンシャルホールディングス株式会社とKDDI株式会社、同社の3社間で業務提携契約を締結している。また、KDDI株式会社は、auフィナンシャルホールディングス株式会社の株式を100%保有しており、同社株式の議決権の24.92%を間接的に保有している。同社は、同社の保険代理店として、同社の保険商品を販売している。
当該関係においては、同社は独自の経営判断に基づいて事業活動及び意思決定を行っていることから、auフィナンシャルホールディングス株式会社及びKDDI株式会社から特段の制約を受けることなく、十分な独立性が確保されている。
なお、役員の兼務の状況は以下のとおりである。この他に、2020年6月17日現在で、KDDI株式会社に従業員として2名が出向している。
4.支配株主等との取引に関する事項
2019年度において、記載すべき重要な事項はない。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、「マルチステークホルダー方針」を公表

生保

ライフネット生命、「東京レインボープライド2024」にブース出展

生保

ライフネット生命、認知症に関する調査を実施

生保

かんぽ生命、国内公募劣後特約付無担保社債の発行に係る条件決定

生保

日本生命、シンガポール子会社がインド子会社を設立

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債を発行

生保

第一生命ホールディングス、米国子会社プロテクティブ社によるShelterPoint社を買収

損保

アニコム損保、有限会社ワンラブと代理店委託契約解除が成立

損保

三井ダイレクト損保、本社ビル女性トイレに「OiTr(オイテル)」を導入

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

関連商品