新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

アフラック生命、山内相談役の退任

アフラック生命は、6月30日付で以下の役員人事を行う。
《役員退職》
(退職)山内裕司 相談役
山内裕司氏は、1976年4月に新卒第一期生としてアメリカンファミリー生命(当時)へ入社し、数理部門、契約管理部門、企画部門など幅広い領域において同社の業務の礎を築いた。まさにその足跡と功績はアフラックがこれまで歩んできた成長そのものだった。
1998年に契約保全部長就任、翌1999年に執行役員、2002年に上席常務執行役員となり、以降8年間にわたって全契約管理部門を管掌した後、2012年に専務執行役員に昇格した。
そして、2015年に新卒入社社員として初めて日本における代表者・社長に就任した。在任中は女性活躍・ダイバーシティ、働き方改革(WorkSMART)を強力に推し進め、「ダイバーシティ経営企業100選」「テレワーク先駆者百選」など経済産業省や厚生労働省が主催する表彰制度においてアフラックを多数の受賞に導いただけでなく、こうした変革への取り組みが、さまざまな環境の変化にも対応できる活力ある企業風土をもたらした。
2017年7月の社長退任後は副会長、2018年4月のアフラック生命の発足後は取締役副会長として、2020年1月の相談役就任まで44年間にわたりアフラックの成長を牽引した。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

アフラック生命子会社「SUDACHI少額短期保険株式会社」、「アフラック少額短期保険株式会社」へ社名変更

生保

アフラック生命、東京大学大学院経済学研究科における寄付講座「医療・介護エコシステムの経済学」を開講

生保

アフラック生命、「令和6年能登半島地震」の被害に対する義援金の寄贈先及び寄贈金額を決定

損保

SOMPOホールディングス、取締役会議長に東和浩社外取締役が就任

生保

かんぽ生命、アフラック生命、「かんぽ生命-アフラック-日本郵便Acceleration Program2024」を共催

生保

アフラック生命、がん対策推進優良企業表彰制度における「令和5年度がん対策推進優良企業」に選出

生保

アフラック生命、「パートナーシップ構築宣言」を公表

生保

アフラック生命、国内劣後特約付無担保社債の期限前償還を実施

生保

ニッセイ・ウェルス生命、舘副社長が新社長に就任へ

関連商品