シンニチ保険WEB

メットライフ生命、AI(人工知能)で査定フローを改善

メットライフ生命は、フランスのスタートアップ企業であるシフトテクノロジー社が提供する、AIを活用した保険金・給付金不正請求検知システム「Force(フォース)」を正式に導入し、運用を開始した。これにより、顧客サービスやお客さま保護において迅速化と改善を実現する。保険金・給付金査定フローの基幹業務において、クラウドベースのAIソリューションを本格展開するのは、国内の生命保険業界で初の事例となる。
メットライフ生命では、お客さまからの保険金・給付金請求を処理するにあたり、さまざまな疾病やケガへの治療による請求理由の中から不正請求を事前検知している。そのため、従来は熟練した査定者が時間をかけて査定をおこなう必要があり、いかに正確に早く処理できるかが課題となっていた。
5月24日に「Force(フォース)」を導入することにより、不正事案を含めた過去の膨大なデータをAIに機械学習させたことから、保険金・給付金請求時の査定で不正が疑われる請求を迅速かつ正確に検知する態勢を整えた。
同システムの導入により処理の精度が高まり、熟練した査定者はより複雑な請求に注力することが可能になり、お客さまの保護と査定業務において高い精度と効率化を向上する。世界の各国の市場で事業を展開しているメットライフでは、この保険金・給付金不正請求検知ソリューション「Force(フォース)」を海外拠点での導入を予定していく。
執行役常務オペレーションオフィサーの福島太郎は、「従来、多くの作業時間が必要であったり、人が見つけにくかった事例が、今回のAIを使った技術で、業務のイノベーションが可能になりました。今後もITを使って、顧客サービスの向上とリスク管理の強化を進めていきたい」と述べた。
*同社調べ(2020年6月9日時点)

関連記事(保険業界ニュース)

損保その他

MS&ADインターリスク総研、水災リスク情報一括確認システム(愛称「スイサーチ」)を開発

生保

第一生命、営業品質の標準化と生産性向上に向けた実証実験を開始

生保

第一生命、AIがお客さまの意向に基づき保障プランを提示するシステムを開発

損保

AIG損保、24時間365日対応可能な「デジタル保険金請求」の対象商品を7月30日より拡大

損保

損保ジャパン、AIによる自動応答サービス(AIチャットボット)の対応保険種目を拡大

生保

メットライフ生命、広島銀行と共同社会貢献プログラムの第26期寄付金贈呈

損保

セゾン自動車火災、「LINE」を活用した火災保険などの事故受付を開始

損保その他

SOMPOリスク、オンラインで行う危機対応体制構築支援サービスの提供開始

損保その他

SOMPOリスク、非接触型BCMコンサルティングサービスの提供開始

損保その他

MS&ADインターリスク総研、日本全国すべての地域を対象とした斜面崩壊リスク評価サービスの提供を開始

関連商品