新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

エヌエヌ生命、新型コロナウイルスによる中小企業の資金需要に関する調査

エヌエヌ生命は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、さまざまな経済的な影響が懸念されているなか、中小企業経営の実態を把握するため、全国の中小企業経営者(*)7,228名を対象に調査をおこなった。
*:本調査では、従業員300人以下の規模の「会社経営者(社長、会長、取締役)」、または「従業員のいる自営業者」を中小企業経営者と定義している。
<調査結果まとめ>
1.新型コロナウイルス感染症による影響で会社の資金需要が「発生した」のは約25%
資金需要が発生した際、資金繰り策として最も多かったのは、「公的機関からの融資」(19.2%)
2.パンデミックやリーマンショックなど外的要因による経営危機への資金面の備えの対策で、最も多かったのは「預貯金」(57.3%)、次いで「個人向け保険」(10.4%)、「法人向け保険」(10.1%)
3.法人向けの生命保険の一部の商品では、契約者貸付ができることについて「知っている」「知らない」がともに約5割と拮抗。資金繰り施策に法人向け生命保険の活用をしていない人がまだ多い可能性
4.事業を継続していくうえで、備えたいおきたい資金については、「雇用を含め事業を維持・継続していくための事業運転資金」と約半数が回答、いま現在の事業維持・継続のための備えに高い関心
【調査概要】
調査対象:日本全国の中小企業経営者
※従業員300人以下の規模の会社経営者(社長、会長、取締役)または従業員のいる自営業者
サンプル:全国7,228名
調査方法:インターネット調査
実施時期:2020年3月27日~3月31日

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、日蘭協業支援プログラム「MONO MAKERS PROGRAM2024」の参加者募集を4月1日から開始

生保

エヌエヌ生命、中小企業の賃上げとリスキリングに関する調査

生保

エヌエヌ生命、「令和6年能登半島地震」関連災害補助金集約サイト「災害補助金ナビ」を開設

生保

エヌエヌ生命、チャブ保険と中小企業向け法人保険領域で協業合意

生保

明治安田生命、「理想の上司」アンケート調査を実施

生保

エヌエヌ生命保険およびNNグループ従業員による「令和6年能登半島地震」の被害に対する追加義援金を寄付

生保

エヌエヌ生命、「トップ・エンプロイヤー・ジャパン2024(TopEmployerJapan2024)」に認定

生保

エヌエヌ生命、「令和6年能登半島地震」の被害に対する義援金の寄付およびボランティア活動推進のための同社従業員の勤務取り扱い変更

損保

ソニー損保、「2024年 20歳のカーライフ意識調査」を実施

協会・団体損保

損保協会、「ロードサービスに関する消費者アンケート調査」を実施~ネットで検索したロードサービスのトラブルに注意を

関連商品