新日本保険新聞社・シンニチ保険WEB

太陽生命、日帰り入院で最大40万円を受け取れる医療保険をネットで新発売

太陽生命は、2020年4月1日よりインターネットで保険申し込みが完了できる「スマ保険」で新たなプランの販売を開始する。
「スマ保険」では、2019年10月の開始以降、お客様の声をふまえて、常に使いやすさを追求するなど、利便性の更なる向上に努めてきた。今般、お客様の声から作られた2種類のプランの販売を開始する。
①保険組曲Best「入院重点プラン」
スマ保険の入院重点プランでは、所定の生活習慣病の場合は最大40万円までの入院一時金をお支払いできるようになった(*1)。医療の進歩により、入院日数は短期化の傾向にある。本プランでは、日帰り入院から入院日数にかかわらず、一時金で支払うため、短期入院に対してもしっかりと備えることができるようになっている。
(*1)入院一時金保険と生活習慣病入院一時金保険(または女性入院一時金保険)をそれぞれ入院一時金額20万円で付加し、所定の生活習慣病を原因とした入院の場合となる。
(*2)入院一時金保険と生活習慣病入院一時金保険(または女性入院一時金保険)をそれぞれ入院一時金額5万円で付加し、所定の生活習慣病を原因とした入院の場合となる。
②終身認知症年金保険
終身認知症年金保険(正式名称:「無配当終身認知症・生活介護年金保険(低解約払戻金型)(001)」)は、「貯蓄しながら、認知症に備える」をコンセプトに保険料を全期前納することで、貯蓄性ニーズに応えるとともに、所定の認知症による状態が180日継続したとき、終身にわたって年金が受け取れる保険となっている。
同社は2016年3月に、生命保険業界で初めて(*3)健康に不安のある人でも加入できる、認知症による所定の状態を保障する保険「ひまわり認知症治療保険」を発売して以降、2018年10月には「ひまわり認知症予防保険」を発売するなど、認知症に対する保障を提供してきたが、認知症に特化した保障内容の商品として年金形式で支払うのは同社初となる。
同社は、これからも家庭に寄り添い、「人生100歳時代」を元気に長生きできる明るい長寿社会の実現に向け、最優の商品・サービスを家庭に届けることを目指していく。
(*3)簡単な告知により加入できる選択緩和型の商品で、認知症について保障する保険は生命保険業界初となる。(一般社団法人生命保険協会加盟41社について、同社で調べたものである(2015年12月末時点において))

関連記事(保険業界ニュース)

損保

三井住友海上、冷凍機遠隔監視サービス「D-FAMS」専用保険の販売開始

生保

太陽生命、苦情対応に関する国際規格「ISO10002」への適合性に関する「第三者意見書」を取得

損保

東京海上日動、宇宙旅行を支援する取り組みを開始

損保

楽天損保、「価格.com保険アワード2024年版」でゴルファー向け傷害総合保険「ゴルフアシスト」が第1位を受賞

生保

アフラック生命、<はぐくむ子育て保険ボヤージュ>をアフラック販売代理店で取扱開始

生保

SBI生命、クリック定期!Neo発売5周年記念キャンペーンを実施

生保

太陽生命、2024年度入社式社長メッセージを公表

生保

T&Dフィナンシャル生命、トモニホールディングス2銀行にて『やさしい円ねんきん』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、京都中央信用金庫にて変額終身保険(災害加算・I型)~販売名称『ハイブリッドあんしんライフ』~の販売を開始

生保

PGF生命、みずほ銀行で「きずなの終身」を販売開始

関連商品