シンニチ保険WEB

住友生命、株式会社SUBARU向けのシンジケートローン「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」に参加

住友生命は、株式会社SUBARU向けのシンジケートローン「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」(以下「本件」)に参加した。
ポジティブ・インパクト・ファイナンスとは、企業活動が環境・社会・経済に及ぼすインパクト(ポジティブな影響とネガティブな影響)を包括的に分析・評価し、当該活動の継続的な支援を目的とした融資であり、国連環境計画・金融イニシアティブが提唱したポジティブ・インパクト金融原則に即したものである。
本件にかかるインパクト評価は、アレンジャーおよびエージェントを務める三井住友信託銀行株式会社が実施しており、円貨建てのシンジケートローンとしては世界初の取組みとなる※。
住友生命は、持続可能な社会の実現および中長期での投融資を行う機関投資家にとって運用収益の向上に資するとの認識の下、ESG投融資に取り組んでおり、本件への投資についても、その一環として行うものである。
今後もESG投融資を通じ、持続可能な社会の実現に貢献していくとともに、運用収益の向上に取り組んでいく。
<本件の概要>
アレンジャー/エージェント:三井住友信託銀行株式会社
借入人:株式会社SUBARU
貸出人:同社を含む複数の金融機関
組成金額:総額100億円
※2020年3月26日付三井住友信託銀行株式会社のニュースリリース(https://www.smtb.jp/corporate/release/)を参照。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一フロンティア生命、アジア初:国際農業開発基金(IFAD)が発行するSDGs債に投資

生保

住友生命、いわきFCのファンクラブ会員向けに「セルソースPFC-FD保険」を提供開始

生保

住友生命、「PHRサービス事業協会(仮称)」設立を宣言

生保

第一生命、WASSHAへ投資

生保

T&Dフィナンシャル生命、中米経済統合銀行のソーシャルボンドに投資

生保

太陽生命と大同生命、都市再生機構が発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

第一生命、日本取引所グループが発行するグリーン・デジタル・トラック・ボンドに投資

生保

太陽生命、「戸田建設株式会社」が発行する「サステナビリティ・リンク・ボンド」への投資を実施

生保

住友生命、株式会社ファミワンとの事業共創を本格化

生保

明治安田生命、中米経済統合銀行が発行する「ソーシャルボンド」に投資