シンニチ保険WEB

第一生命、4月1日付で組織改編を実施

第一生命では、4月1日付で次の組織改編を実施する。
中期経営計画「CONNECT2020」では、コンセプトである「CONNECT」に基づく様々な取り組みを各事業において強化することにより、その推進力を高めてきた。「CONNECT2020」の最終年度である2020年度は、「CONNECT」の取り組みを高めることでカスタマー・ファーストを更に追及するとともに、「一生涯のパートナーとしてのQOL向上への貢献」に資する同社の提供価値を更に拡大・強化し、お客さま・社会に貢献することで、持続的な成長を目指していく。一人ひとり異なる「QOL」の向上の実現に向け、社会構造やマーケットの変化、お客さま嗜好の多様化、医療・情報技術の進化などを見据え、きめ細かな営業・マーケティングができる体制整備を更に進めるともに、次世代への対応として今後社会を担っていく若い世代のライフスタイルに合わせた新しいマーケット開拓や、デジタルを活用した新たな事業の検討等にも取り組んでいく。これらを目的に以下の組織再編を実施する。
●組織改編の内容
1.本社組織の改編
・「コミュニケーションデザイン部」の新設
生まれながらにデジタル化社会を生き、これまでの世代とは全く異なる価値観を持つ「ミレニアル世代」が社会の中核を担うこととなるこれからの時代を見据え、お客さまの特性にあわせて軽量で機動力の高い商品・サービスを開発できる体制を強化し、新しい世代を中心とした多様な「QOL向上への貢献」を実現することを目的に、コミュニケーションデザイン部を新設する。同部では、お客さまの行動特性やライフサイクルの変化等のタイミングを捉えて、タイムリーに、デジタル完結で提供できる手法の構築など、お客さまコミュニケーションの最適なあり方を追求していく。
・「イノベーション推進部」の新設
生命保険事業独自のイノベーションを創出する取組みとして従来から推進している「InsTech」の更なる強化に向け、社外とのネットワークやグローバルレベルの先端のビジネス・技術動向をもとに、既存事業における新たな価値創造・顧客体験に向けた実証実験を加速し、より多くのお客さまにより効率的に「QOL向上への貢献」に資する価値提供を行っていくことを目的に、イノベーション推進部を新設する。同部では、保険周辺領域・非保険領域を含めた新たな収益源確保も目指していく。
・本社組織の改称
お客さま満足度向上等に資する取り組みの立案、展開を担う「DSR品質推進部」を「カスタマーファースト推進部」に改称する。また、マルチブランド・マルチチャネル戦略の推進に事務面を中心に支える「提携販売推進部」を「マルチブランド販売推進部」に改称する。
※上記と併せて「室」と称する部組織の一部を「部」に改称する。
2.支社組織の改編
地域に応じた組織体制の構築により、「カスタマー・ファースト」の実践を通じた「QOL向上への貢献」を実現していく。具体的には、お客さまが集中するエリアを中心に、フェイス・トゥ・フェイスによる高度なコンサルティングを機動的に提供することを目的に、以下の支社組織の改編(増設)を実施する。
・「名古屋西支社」の新設「名古屋西支社」を新設する。
・「明石支社」の新設「明石支社」を新設する。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

第一生命、「都市の緑3表彰」の受賞者を決定

生保

第一生命、第5回「これからサラリーマン川柳」優秀句発表

生保

第一生命、国際復興開発銀行が発行するグリーンボンドに投資

生保

第一生命、PaMeLaに対し1億円のインパクト投資

生保

第一生命、東京センチュリー向けサステナビリティ・リンク・ローンへ融資

生保

第一生命、2021年責任投資活動報告を公表

生保

生保7社、企業年金の制度管理事務における共通プラットフォームを構築

生保

第一生命、サラリーマン川柳コンクールが35周年、20代限定新企画も

生保

第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命、GLP投資法人が発行するサステナビリティ・リンク・ボンドへ投資

生保

第一生命、生物多様性保全を目的としたグリーンボンドに投資