シンニチ保険WEB

SBI生命、全国の「ほけんの窓口」直営店424店舗で、就業不能保険“働く人のたより”の販売を開始

SBI生命は、ほけんの窓口グループ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:窪田 泰彦、以下「ほけんの窓口」)と保険代理店契約を締結し、2020年2月3日(月)より全国の「ほけんの窓口」直営店424店舗で同社の就業不能保険“働く人のたより”の保険販売を開始する。
今回の取り組みにより、働けない状態になったときの収入減を補う就業不能保険“働く人のたより”を、全国の「ほけんの窓口」直営店424店舗において、対面で相談のうえ、タブレット端末などを利用してペーパーレスで申込手続きをしていただくことが可能となる。
■ほけんの窓口について
「ほけんの窓口」は、保険の新規加入や見直しについて何度でも無料で相談できる「来店型保険ショップ」。
お客さまのライフプラン(生涯設計)をヒアリングすることに注力した“保険コンサルティング”をもとに、一人ひとりの意向に沿った保険商品を提案。徹底した教育・研修体制のもと“聴く力”を徹底して育成されたプロと一緒に複数社の保険商品を比較検討できる。全国47都道府県に計700店舗以上展開注1。2018年、2019年の2年連続で来店型保険ショップ顧客満足度にて第1位を獲得注2。
■就業不能保険「働く人のたより」について
業界最安水準注3で、病気やケガなどで働けない状態のときの収入減を補う保険。また、業界で初めて注4、全疾病型(精神疾患も保障)・3疾病型・がん保障型の3つの型から保障するリスクの選択を可能にした。自身に必要な保障のタイプを選択することで保険料を抑えることができる。
注1 2019年12月現在
注2 2018年、2019年オリコン顧客満足度(R)調査 来店型保険ショップ第1位
注3 同社を含むネット申込が可能な生保3社の就業不能保険を以下の条件で比較した結果、最安の保険料との差が10%未満であったため業界最安水準という表記を使用。(2019年11月20日現在)
【比較条件】30・40・50歳、男・女、就業不能給付金月額10・15・20万円、保険期間60・65・70歳満了、月払、特約なし。
注4 同社調べ(2019年11月20日現在)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

ライフネット生命、「セブン・フィナンシャルサービスの生命ほけん」の提供を開始

生保

PGF生命、「米国ドル建終身保険」・「介護保障付一時払特別終身保険(米国ドル建)」に認知症に対する保障を追加

生保

PGF生命、米国ドル建年金支払型特殊養老保険に「100歳年金プラン」を追加

生保

ニッセイ・ウェルス生命、野村證券を通じ、『ニッセイ・ウェルスえらべる介護終身保険〈外貨建〉告知コース・無告知コース』を改定し、販売開始

生保

ニッセイ・ウェルス生命、みなと銀行を通じ、『悠々時間アドバンス(円建/米ドル建/豪ドル建)』を販売開始

生保

SBI生命、「“クリック定期!Neo”新生活応援キャンペーン」を実施

生保

三井住友海上プライマリー生命、通貨選択型特別終身保険『やさしさ、つなぐ』に新たな特約を追加

生保

T&Dフィナンシャル生命、東邦銀行にて『ファイブテン・ワールド2』(介護認知症保障プラン)の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、三菱UFJ銀行にて『みんなにやさしい年金保険』の販売を開始

生保

T&Dフィナンシャル生命、4月2日より無配当終身医療保険(無解約払戻金・Ⅲ型)の販売を開始

関連商品