シンニチ保険WEB

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

生保協会は、このほど、スチュワードシップ活動ワーキング・グループにおける、集団的エンゲージメントの実施について決定した。
今年度の集団的エンゲージメントについては、昨年度からの継続テーマとなる「株主還元の充実」と「ESG情報の開示充実」に加えて、新たに「気候変動の情報開示充実」をテーマとし、上場企業142社(延べ149社)を対象に実施する。対象企業に対しては、スチュワードシップ活動ワーキング・グループに参加する生命保険会社11社の連名で、課題意識を伝える書簡を送付する。加えて、対象企業との対話等を通じて、課題意識を具体的に説明することで、集団的エンゲージメントの実効性向上を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

損保

共栄火災、「SDGs宣言」について公表

生保

大同生命、大同生命行動規範(CODEOFCONDUCT)を制定

生保

SOMPOひまわり生命、「お客さま本位の業務運営方針」2019年度取組み結果と方針を改定

生保

アクサダイレクト生命、業務時間中の全社禁煙を実施

生保

日本生命、女性活躍推進に関する行動計画の目標を達成

生保

住友生命、「スミセイ中期経営計画2022」を策定

生保

アフラック生命、「個人情報の取り扱いについて(プライバシーポリシー)」を改定

生保

明治安田生命、職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

損保

MS&AD、フジテレビとSDGs達成に向けタッグ

生保

明治安田生命、「2021年度新卒採用計画」として770人を採用

関連商品