シンニチ保険WEB

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

生保協会は、このほど、スチュワードシップ活動ワーキング・グループにおける、集団的エンゲージメントの実施について決定した。
今年度の集団的エンゲージメントについては、昨年度からの継続テーマとなる「株主還元の充実」と「ESG情報の開示充実」に加えて、新たに「気候変動の情報開示充実」をテーマとし、上場企業142社(延べ149社)を対象に実施する。対象企業に対しては、スチュワードシップ活動ワーキング・グループに参加する生命保険会社11社の連名で、課題意識を伝える書簡を送付する。加えて、対象企業との対話等を通じて、課題意識を具体的に説明することで、集団的エンゲージメントの実効性向上を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2019年度取組結果について

生保

ソニー生命、内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)事業者に登録

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

かんぽ生命、契約調査の結果と今後の取組みを公表

生保

かんぽ生命、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」からの報告を公表

SOMPOひまわり生命、『ひまわりクレド~保険金・給付金~大切な5つの「一」』PR動画公開

生保協会・団体

生保協会、顧客本位の業務運営の高度化に資する取組みに関するアンケートの結果報告書の公表

生保

朝日生命、連結子会社の商号を変更

生保

大樹生命、「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ賛同

関連商品