シンニチ保険WEB

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

生保協会は、このほど、スチュワードシップ活動ワーキング・グループにおける、集団的エンゲージメントの実施について決定した。
今年度の集団的エンゲージメントについては、昨年度からの継続テーマとなる「株主還元の充実」と「ESG情報の開示充実」に加えて、新たに「気候変動の情報開示充実」をテーマとし、上場企業142社(延べ149社)を対象に実施する。対象企業に対しては、スチュワードシップ活動ワーキング・グループに参加する生命保険会社11社の連名で、課題意識を伝える書簡を送付する。加えて、対象企業との対話等を通じて、課題意識を具体的に説明することで、集団的エンゲージメントの実効性向上を図っていく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

プルデンシャル生命、女性活躍推進「Prudential Mimosa Project」を創設

生保

大同生命、「大同生命サステナビリティ経営支援プログラム」新たな採択企業を決定

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

かんぽ生命、新規業務の届出を実施

損保

MS&ADホールディングス、「Net-Zero Insurance Alliance(NZIA)」に加盟

損保

あいおいニッセイ同和損保、意思決定層への女性の登用強化に向けたプレ部支店長・ライン長育成プログラムを開始

損保

三井住友海上、自然資本・生物多様性の保全・回復に資する商品・サービスを展開

協会・団体生保

生保協会、「生命保険協会 SR報告書2022」を発行

生保

メットライフ生命、UN Women(国連女性機関)が主導するアンステレオタイプアライアンスの日本支部に加盟

生保

第一生命、お客さま体験価値(CX)向上に向けた「コンサルティング・商品」の一体改革