シンニチ保険WEB

マニュライフ生命、台風19号の被害を受けた福島県の星総合病院へ義援金400万円を寄付

マニュライフ生命は、「令和元年台風第19号」で大きな被害を受けた公益財団法人星総合病院(以下、「星総合病院」)に400万円の寄付を決定した。マニュライフ生命は、社会貢献活動の一環として、2013年に、星総合病院に療養中の子どもたちのためのプレイルームを設置している。
マニュライフ生命では、小児医療施設で療養中の子どもたちのためのプレイルームを設置するプロジェクトを2007年より行っており、2013年1月には、全国で8カ所目、東北では初となる、「マニュライフわくわくるーむ」が星総合病院内に完成した。このたびの台風19号により、星総合病院では、「マニュライフわくわくるーむ」の外来プレイコーナーがある1階が床上浸水となるなど、病院全体で甚大な被害を受けた。マニュライフ生命では、療養中の子どもたちの環境を一日も早く再整備する手伝いをしたいとの思いから、今回、義援金の寄付を決定した。
2019年10月にマニュライフ生命社内および子会社において星総合病院への義援金を募り、役職員有志から196万3,440円が集まった。その金額にマニュライフ生命が同額程度をマッチングして上乗せし、合計400万円を星総合病院へ寄付する。
マニュライフ生命は、今後も、微力ながら復旧支援に向けて尽力していく。

関連記事(保険業界ニュース)

生保

アフラック生命、<アフラックのしっかり頼れる介護保険>の販売を通じた寄付を実施

生損共済

日本生協連、生協グループの福祉事業発展・強化を図り「一般社団法人全国コープ福祉事業連帯機構」を設立

生保

メットライフ生命、活水高校でライフプランニング講義を実施

生保

生保協会、2022年度セイホスカラーシップ奨学生8名を決定

生保

生保文化センター、2022年度生命保険に関する研究助成制度助成者を決定

損保

トーア再保険、日本ユニセフ協会へ外国コイン・紙幣を寄付

損保

トーア再保険、使用済み切手を寄付

生保

富国生命、「特殊詐欺」被害防止啓発活動を広島県内で実施

生保

フコクしんらい生命、鹿児島相互信金および須賀川信金と2021年度共同寄付スキーム寄付金を贈呈

損保

こくみん共済coop〈全労済〉、「防災・減災」を普及啓発する新しい参加型イベントもしもフェス渋谷2022を開催決定