シンニチ保険WEB

かんぽ生命、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会」からの報告を公表

かんぽ生命および日本郵政、日本郵便は、「かんぽ生命保険契約問題 特別調査委員会(委員長:伊藤鉄男弁護士)」から調査報告書を受領し、HP上で公表した。
同委員会は、本調査報告書で日本郵政グループの自主的な取組み状況を踏まえつつ、「募集状況の可視化(録音録画)」「不適正募集のリスクがある契約をシステムにより営業のフロントで簡易に検知できるる仕組みの整備」「新規契約の獲得に偏った手当及び人事評価の体系の見直し」「募集コンプライアンスに特化した通報制度の設置と通報内容の定期報告」など、 6つの必要と考える具体的な改善策を提言する。
・URL
https://www.jp-life.japanpost.jp/information/press/2019/abt_prs_id001504.html

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、お客様本位の業務運営に関する2019年度取組結果について

生保

日本郵便およびかんぽ生命、営業手当等の見直し

生保

かんぽ生命、2019年度第3四半期の業績を発表

生保

ソニー生命、内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)事業者に登録

損保

MS&ADインシュアランスグループホールディングス、自己株式の取得状況および取得終了

生保

日本郵政、日本郵便およびかんぽ生命、業務改善計画を提出

生保

かんぽ生命、千田哲也副社長が1月6日付で新社長に

生保

かんぽ生命、日本郵政、日本郵便、総務大臣および金融庁から行政処分

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

生保

生保協会、スチュワードシップ活動ワーキング・グループ参加会社による集団的エンゲージメントの実施を決定

関連商品