シンニチ保険WEB

朝日生命、インターネットアンケート調査「親」に関して心配に思うこと

朝日生命は、11月11日の「介護の日」を迎えるにあたり、急速に高齢化が進む中において、団塊ジュニアを含む40~50歳代が親に関して心配に思うことについてインターネットアンケートを実施した。
◆アンケート結果の主なポイント
<ポイント1>
・親の認知症発症リスクについて、半数以上の57.6%がいつか認知症になると思うと回答
<ポイント2>
・親が認知症になった際の介護費用などの経済的負担について、43.9%が親の資産で賄うと回答
・男女別の親の資産で賄うは、男性37.8%、女性50.0%と女性の方が高い結果となった
<ポイント3>
・認知症になった場合、資産が凍結され、預金の引き出しや不動産の売却等が困難になることについて、詳しくは知らない・聞いたことはないとの回答が84.6%となった
・親が現在住んでいる住まいについて、いざという時の処分や相続などについて、54.7%が話し合ったことはないと回答
詳細:https://www.asahi-life.co.jp/company/newsrelease/20191105.pdf

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命、介護・認知症サポートサービス「介護コンシェル」の提供を開始

生保

住友生命とアクサ生命、介護関連サービス「ウェルエイジングサポートあすのえがお」のサービスメニューを拡充

生保

富国生命、「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施

生保

大同生命、「HALFITサービス」の提供開始

生保

ソニー生命、子どもの教育資金に関する調査2020

損保

au損保、東京都の自転車事故に関する調査を公表

生保

朝日生命、新型コロナウイルス感染症に関する各種取扱いを実施

損保

損保ジャパン日本興亜、「LINEほけん」で自転車保険の意識調査を実施

生保

朝日生命、学研ホールディングスが発行する「ソーシャルボンド」へ投資

生保

朝日生命、「軽度認知障害保障特約」を発売、合わせて「認知症予防ホッとサービス」提供

関連商品