シンニチ保険WEB

楽天保険グループ、長崎に「楽天保険グループ長崎ビジネスセンター」を新設

楽天インシュアランスホールディングスの子会社である楽天生命、楽天損保、楽天少額短期保険、楽天インシュアランスプランニングの4社は、2020年4月を目処に長崎県長崎市に「楽天保険グループ長崎ビジネスセンター(以下「長崎ビジネスセンター」)」を開設する。
「長崎ビジネスセンター」は、120席規模の事務センターであり、BCP(BusinessContinuityPlan、事業継続計画)の強化や業務品質の向上を目的とし、東京や大阪など現在9カ所の拠点で実施している保険契約事務、保険金支払い事務などがを一部移行する。現地での従業員採用も予定しており、正社員での雇用、昼食代の支給、管理職へのキャリアアップ制度を充実するなど、働きやすい環境を提供していく。
長崎県および長崎市は、行政による企業誘致支援が積極的に行われていることに加え、業務品質の向上につながる優秀な人材の確保が期待できることなどから、新たな事務センターの開設地として決定した。また、入居予定の「クレインハーバー長崎ビル」は、長崎県が金融機関のバックオフィスなどの誘致を推進する「長崎金融バックオフィスセンター構想」の一環として、2017年12月に竣工されている。同施設は、非常用の電源設備や給排水設備を保有しており、楽天保険グループのBCPの強化に繋がることを見込んでいる。
楽天保険グループは、2019年6月に各社のお客様窓口を集約した「楽天保険の総合窓口」を開設し、お客様のさらなる利便性の向上を図っている。今後もお客様が安心して日々の暮らしを送ることができるよう、保険や関連サービスを提供し、人々と社会をエンパワーメントしていく。
■施設概要
名称:楽天保険グループ長崎ビジネスセンター
所在地:長崎県長崎市出島町1番41号クレインハーバー長崎ビル
業務内容:契約事務業務、保険金支払い業務
営業開始日:2020年4月予定
雇用人数:楽天保険グループ4社合計120名(予定)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

日本生命、米ドル建劣後特約付社債の発行

損保

東京海上ホールディングス、自己株式の取得状況を発表

生保

第一生命ホールディングス、自己株式の取得状況を公表

損保

MS&ADホールディングス、自己株式の取得

損保

アクサダイレクト、福井センター開所式を開催

生保

日本生命と大樹生命、日本生命グループの資産運用態勢高度化に向け資産運用機能の一部をニッセイアセットへ移管

損保

三井住友海上、役員異動および組織改編を発表

生保

アフラック生命、組織変更及び人事異動を発表

協会・団体

損保協会、協会長ステートメントを発表

生保

ソニーライフ・エイゴン生命、ソニー生命による完全子会社化(株式取得実行)予定日を発表

関連商品